香港保険の種類や日本居住日本人が加入可能な保険会社/契約方法は?海外オフショア正規代理店IFAは受入実績やサポート力で選定すべし!

香港の保険商品に興味を持つ人も少なくない。

日本と比較して利回りが良い商品が多いので、知ってしまえば興味を持つのは当然かなと思う。

香港の保険の種類とは?興味があれば香港の正規代理店に直接連絡すべし!

香港の保険にはどんなものがあるかと言えば多種多様。

全てを網羅して解説するのは困難なので、代表的な保険商品について紹介してみたい。

1.生命保険

海外の生命保険は保険業法186条の絡みがあるのだが、香港の生命保険で日本人の中で有名なのは貯蓄型生命保険になると思う。

日本の貯蓄型生命保険はほぼ名ばかりで、貯蓄性はほとんどない。

死亡保障も早く死ななきゃ意味がないと揶揄されてしまっているほどの低利回りだが、香港の生命保険は利回りが良く、運用によって死亡保障額も貯蓄額も年々増加していくのが特徴だ。

国内と海外オフショア香港の貯蓄型生命保険の死亡保障額・解約返戻金のリターン率・利回りをグラフで比較して見える化してみた!

 

2.学資保険

香港にも学資保険がある。

学資保険は商品の特性上、解約時期が決まってくるケースがほとんどだ。

利回りは生命保険とほぼ同等なので、生命保険の貯蓄性を活用して学資保険に代用する人が多いようだ。

生命保険を契約しておけば、学資保険はもちろんだが、それ以外への活用も可能となってくる。

赤ちゃんが生まれて子供の為に安全で高利回りの学資保険を検討中の方にお勧めの金融商品とは?海外オフショアの汎用性のある商品を推奨!

 

3.医療保険

香港にも医療保険はあるが、いざ治療費を請求しようにもその手続きは煩雑になっており、書類を提出してみないとその治療が保険適用かどうかは分からない事が多い。

小回りの良さなどを考えると、香港の医療保険よりもコープ共済などに加入した方が良いと思う。

海外オフショアにも医療保険はあるがお勧めできない理由とは?

 

4.貯蓄性保険

香港には貯蓄性に特化した保険もある。

商品に寄りけりだが、利回りを積極的に狙った商品もあれば、状況に応じて債券を多めに組み込むなど安定性を確保しながら運用していく商品などがある。

サンライフ香港Victoryヴィクトリーの商品概要や特徴・評価を検証!長期積極運用型の前納可能複数年払い貯蓄型保険商品!

 

5.その他(配当型商品)

保険商品ではないのだが、クーポン商品=配当型商品も存在する。

毎月の配当を受け取るには香港内に銀行口座が必要だが、毎月受け取らずに複利運用で資産価値を向上させていける商品となっている。

証券は最大120年維持でき、その間に契約者・被保険者は何度も変更可能なので、資産承継商品としても活用価値が高い。

 

香港には数多くの保険会社があるのだが、その中で日本居住の日本人を受け入れているのはサンライフ香港社とFT Life社くらいである。

香港の保険商品なので、契約はIFA(Independent Financial Adviser)と呼ばれる香港の正規代理店に直接連絡してお願いする事になる。

正規代理店IFAの選定は、以下のポイントが重要になってくる。

◆香港の保険業を管理監督する【香港保険業監管局】に登録されている事
◆日本人スタッフがいる事
◆日本居住の日本人の受け入れやサポート実績が豊富な事

長期契約になる保険商品、アフターサポートを自社でしっかりと行ってもらうところを選定しなくてはならない。

香港保険に興味があれば、このような正規代理店で、ご自身の考えやご予算に合った商品・プランについて相談してみてもらえればと思う。

稀に正規代理店とクライアントの間に紹介者や紹介会社を挟んで契約させるケースがあるようだが、そうした紹介者・紹介会社は関わる人が増えるだけで責任の所在も曖昧になるので不要である。

往々にして、そうした紹介者や紹介会社はどこかのタイミングで連絡が取れなくなってしまう事も多いので、直接IFAと呼ばれる正規代理店と繋がっておくことがとても重要だ。

 

⇒ ご質問や正規代理店選定のご相談はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link