日本の公的年金制度。自分自身の年金を積み立てるのでなく、現役世代が高齢者を支える賦課制度である。少子高齢化が進んでいる現代日本では、賦課制度の限界が近い。今後、どのような制度に転換していくかが見もの。だが、自分の老後資金は自分で守った方が良かろう。

社会保障, 年金問題, 人口問題

敬老の日と成人の日は高齢者を敬い、未来ある若者を祝福する日であると同時に、人口について考え ...

年金問題, 記念日, 健康

6月5日は「ろうごの日」となっている。 健康面でも金銭面でも苦労しないような老後生活を送っ ...

年金問題, 日本社会, 記念日

5月28日は「自助の日」となっている。 日本人にとって正に必要な事であると言える。 日本政 ...

社会保障, 年金問題

年金を受け取り始める年齢を75歳まで繰り下げ可能にするための年金改革関連法案が、4月14日 ...

年金問題, 記念日

11月14日は【人生100年時代の日】であり、【アンチエイジングの日】となっている。 共に ...

年金問題

先日、世界最大級の人事・組織コンサルティング会社マーサーから「グローバル年金指数ランキング ...

年金問題, 人口問題

厚生労働省が公的年金の長期見通しを試算する財政検証結果を公表した。 ホンマかいな?と思わせ ...