日本の公的年金制度。自分自身の年金を積み立てるのでなく、現役世代が高齢者を支える賦課制度である。少子高齢化が進んでいる現代日本では、賦課制度の限界が近い。今後、どのような制度に転換していくかが見もの。だが、自分の老後資金は自分で守った方が良かろう。

年金問題, 生命保険, 香港

日本の公的年金は崩壊に向かっており、自助努力で将来資金を構築する必要がある。 だが、将来も ...

年金問題, 記念日, 健康

6月5日は「ろうごの日」となっている。 健康面でも金銭面でも苦労しないような老後生活を送っ ...

年金問題, 日本社会, 記念日

5月28日は「自助の日」となっている。 日本人にとって正に必要な事であると言える。 日本政 ...