年金問題

日本の公的年金制度。自分自身の年金を積み立てるのでなく、現役世代が高齢者を支える賦課制度である。少子高齢化が進んでいる現代日本では、賦課制度の限界が近い。今後、どのような制度に転換していくかが見もの。だが、自分の老後資金は自分で守った方が良かろう。

インフレーション

老後2000万円問題と言うけれど物価上昇/インフレーションが起これば何倍もの将来資金が必要となる日本!若者は海外に出るしかない!?

2019年に金融庁が報告した老後2000万円問題。その後に物価高騰・インフレーションが進行しており、その分だけ必要な老後資金は増加しているはずで、若い人ほど将来の物価上昇を考える必要がある。給与を増やすにしても運用するにしても日本国内で解決できる?
人口問題

新成人人口が100万人を割れる時代はいつ?人口減少・少子高齢化時代が進む日本で生き延びる方法を考えよう!

人口減少・少子高齢化が進む日本は18歳成人人口ももちろん右肩下がり。10数年先の成人人口は出生数からおおよそ予測可能で2035年頃には100万人割れとなるはずだ。人口問題を抱える日本の将来が気になるが、国とは切り分けて自分の将来を考える事が重要だ。
年金問題

貯蓄型生命保険で2000万円問題を解決する際の必要保険料と期間をシミュレーションしてみた!サンライフ香港なら年間利回り6~7%!

年金不足2000万円問題があるように日本の公的年金は崩壊に向かっている。自助努力が必要となるが、日本の保険会社の商品では難しい。利回り6~7%で運用されるサンライフ香港の貯蓄型保険商品の場合、保険料や運用期間がどれくらいあれば良いのかを算出してみた。
オフショア

海外積立年金のおすすめは?日本居住の日本人が契約可能なオフショア金融商品は限定されている!

海外積立年金でおすすめの会社はRL360°(旧名ロイヤルロンドン)かInvestors Trust(インベスターズトラスト)である。この2社は実際にお勧めできるのだが、日本居住の日本人が契約できるのはこの2社しかないという背景もある。興味ある方は行動をお早めに。
年金問題

長生きするほど得をするトンチン年金・長寿年金とは?日本国内保険会社のプランよりも海外オフショアの貯蓄型保険商品の方がお勧め!

将来資金を構築しなくてはならない日本人だが、低解約返戻金型の個人終身年金保険と言われる長寿年金はお勧めできるのだろうか?トンチン年金とも言われる商品だが、こうした商品を契約するよりも海外オフショアの生命保険や貯蓄型保険商品を契約した方が良いだろう。
年金問題

寿命・余命診断サイト/アプリで人生の残り時間を予測して必要な老後資金を計算しよう!Final Countdown(ファイナルカウントダウン)

年金制度が崩壊に向かっている日本。自助努力で老後資金を構築しなくてはならないが、その必要額を計算する際に自分は何歳まで生きるのだろうか?という疑問が生じると思う。そんな時に参考になるのが、寿命や余命を診断してくれるサイト/アプリである。
NISA&iDeCo

10月1日は確定拠出年金の日!NISA(ニーサ)・iDeCo(イデコ)含めて国内金融商品を私がお勧めしない理由とは?

10月1日は確定拠出年金の日。だからと言って確定拠出年金をお勧めすることはないし、NISAもiDeCoも勧めない。国内の証券会社で株や投資信託を行う事も勧めない。日本政府の動向や日本経済を見ていると国内に余裕資金を置いておく事はリスクと感じるからだ。
年金問題

投資で大きな利回りの断定はできないので「100%儲かる」は使うべき言葉ではないが、「絶対に損する」は警告の意味を込めて使用可能?

日本人全員が買っていて絶対に損する金融商品とは何?答えは簡単、日本の公的年金制度である。金融庁や財務局は無登録での営業や詐欺的商品を販売する業者に業務停止命令などを下しているが、詐欺的商品とも言える公的年金制度にも対処してもらいたいものだ。
年金問題

公的年金のマクロ経済スライドや国内保険会社の市場価格調整なるものを見ていると日本のシステムは資産を増やせないようになっている?

日本の公的年金には「マクロ経済スライド」なる仕組みが導入されている。国内保険会社の商品には「市場価格調整」なるシステムが組み込まれているものがある。言葉巧みに上手く保険金や解約返戻金を増やさないようにしているだけに感じる。ずる賢さは世界一!?
年金問題

1998年放送のドラマGTOで年金崩壊・消費税10%・銀行破綻を予言していた!?松嶋菜々子が老後を迎えた時や四半世紀後の日本はどうなる?

1998年に放送されたドラマ「GTO」は日本経済の将来を予測していた!?四半世紀前のドラマだが年金崩壊、消費税10%、銀行破綻などが語られている。25年後の日本を予想するとどうなるだろうか?人口減少・少子高齢化が進む日本で明るい未来は想像し辛い。