10月1日は確定拠出年金の日!NISA(ニーサ)・iDeCo(イデコ)含めて国内金融商品を私がお勧めしない理由とは?

2020年11月23日(月・祝)-26(木)、東京にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちらから!⇒ オフショア投資の相談希望者はいらっしゃいますか?

10月1日は「確定拠出年金の日」となっている。

私は確定拠出年金への加入をお勧めする事はない。

確定拠出年金で老後資金・将来資金を構築するのは困難!

年金加入者が自分の責任で資産形成のための賢い選択を行えるようになるための効果的な教育を、中立の立場で支援する特定非営利活動法人「確定拠出年金教育協会」が制定。協会では日頃から確定拠出年金についての調査やセミナーを行っている。日付は2001年10月1日に確定拠出年金法が施行されたことから。

確定拠出年金法が施行されたのは21世紀初頭の2001年。

米国に倣って、日本版401Kと呼ばれていたりする。

2001年以前はどうしていたのかと言えば、企業年金として運用担当者が運用を行っていた。

何故、確定拠出年金を採用したかと言えば、バブル崩壊により運用担当者が数字を出せなくなり、各個人に年金運用を丸投げさせたからという背景がある。

普通に仕事をしている人が片手間に確定拠出年金の運用を考えたところで利回りが出る訳ではない。

加入時に確定拠出年金に参加しないという選択ができるが、選択せずに別の方法で将来資金の構築を考えるのがベストである。

↑このコンテンツは新社会人向けに書いたものであるが、そうでない方も一読してもらえればと思う。

一旦加入すると抜け辛い制度になっているが、これも政府の陰謀かもしれない。

個人のお金と言えど、国が把握できる状態にしておくのが政府の狙い。

2010年代以降、NISA(ニーサ)やiDeCo(イデコ)などの商品も出てきたが、国が行う制度であり最終的には国が全ての権限を持つという事を念頭に入れておくべきだ。

多量に発行される日本国債、2024年に新規発行されるお札などを巡って、将来的に預金封鎖からの財産税・貯蓄税を徴収するのではと言う話を耳にする機会が多くなってきた。

そうした背景がある中で確定拠出年金だけでなく、NISAやiDeCoもやるべきではない。

国内の証券会社で株や投資信託を行う事も勧めない。

日本国の傘下で資産運用したり資産を貯め込むのは得策とは思えないからだ。

私はそうした理由で国内の証券会社などで取引を一切していない。

日本での生活費があるので日本国内の銀行口座は持っていてある程度の資産は置いているが、余裕資金は海外に移すというのが私の基本的スタンスである。

資産運用の前に資産保全を考えなくてはならない。

資産フライトにより海外に資産を移しながら、資産運用で資産が増えていくスキームを持った金融商品がある事を知るべしである。


☆ご質問はこちらから。


★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link