Sun Life

オフショア

2024年版 世界で最も持続可能な100社にSun Life Financial Inc.(サンライフファイナンシャル)が15年連続ランクイン!日本の保険会社は?

2024年版「世界で最も持続可能な100社」が発表になった。日本からは3社がランキングされているが、保険会社などの金融業の名前はない。一方、サンライフファイナンシャルは15年連続でランクインしており、保険会社としての信頼性が高い事が分かる。
生命保険

香港オフショア生命保険、日本居住日本人の受け入れ状況は?サンライフ香港やFTLifeの加入は正規代理店IFAで直接契約するのが原理原則!

オフショア香港の生命保険の受け入れ状況についてまとめてみた。年々門戸が狭くなっているが、まだ受け付けてくれる香港の生命保険会社は存在する。いつ契約の門戸を閉ざされるのかは全く分からないので、興味がある人は行動を急げ。
オフショア

世界の保険会社時価総額ランキング!日本人を受け入れている海外のプロバイダーはほとんどないがオフショア金融センター香港にはある!

世界には日本とは比較にならないほどの保険商品があると言われるが、実際には世界にはどんな保険会社があるのだろうか?時価総額でのランキングを作成してみた。30位までのランキングの中で日本居住の日本人を受け入れてくれる海外の保険会社は極僅か。
オフショア

サンライフ香港Life Brilliance(ライフブリリアンス)Vision(ヴィジョン)Venus(ヴィーナス)Victory(ヴィクトリー)の相違点比較&契約選択基準!

Life Brilliance(ライフブリリアンス),Vision(ヴィジョン),Venus(ヴィーナス),Victory(ヴィクトリー)などを上市しているサンライフ香港。こららの商品の相違点などを比較してみた。自分がどの商品にマッチしているかの参考例にしてもらえればと思う。
オフショア

サンライフ香港VenusⅡヴィーナス2は資産保全・資産移転商品として資産家・富裕層にお勧めの一時払い貯蓄型保険商品!

サンライフ香港の一時払い貯蓄型保険商品「Venus(ヴィーナス)」の商品概要について分析・検証してみた。損益分岐点やリターンを得られるタイミングがとても早いので、資産保全を考えている富裕層・資産家向けのプランとなっている。
オフショア

サンライフ香港Victory(ヴィクトリー)とFTLife Regent Premier 2(リージェントプレミア2)の比較!貯蓄型保険商品を契約するならどっち?

サンライフ香港のVictory(ヴィクトリー)とFTLifeのRegent Premier 2(リージェントプレミア2)はどちらも貯蓄型保険商品となっていて、似たような商品概要となっている。この2つの商品を比較し、契約するならどちらが良いのかを検証してみた。
貯蓄型保険

サンライフ香港(Sun Life hk)の資産運用商品とは?オフショア保険会社の貯蓄性プランで資産保全・資産承継メリットもあり!

オフショア籍の保険会社として有名なサンライフ香港(Sun Life hk)。保険会社≒生命保険とイメージする人もいるようだが、それ以外の保険商品・金融商品もある。利回りはもちろんだが、それ以外のメリットを持った資産運用プランを提供している。
オフショア

サンライフ香港の生命保険ライフブリリアンスは個人間、法人から個人、個人から法人への名義変更可能!

金融商品は契約者などの名義が変更できるものがある。サンライフ香港の生命保険ライフブリリアンスも契約者変更可能。個人間だけでなく、個人から法人、法人から個人への変更も可能だが、契約者変更はどのような時に行われるのだろうか?
オフショア

サンライフ香港の生命保険商品ライフブリリアンス/サンプロテクト/サンガーディアンを解約返戻金=貯蓄性と死亡保険金=保障で比較検証!

サンライフ香港から上市されている生命保険商品「ライフブリリアンス」「サンプロテクト」「サンガーディアン」を解約返戻金(貯蓄)や死亡保険金(保障)の数字で比較検証してみた。自分自身にどの商品が合致しているかは正規代理店に直接連絡して相談してみるべし。
オフショア

サンライフ香港サンガーディアン(Sun Life hk_SunGuardian)の商品概要まとめ!認知症と診断されると死亡保険金が受け取れるプランあり!

サンライフ香港から上市された生命保険サンガーディアンの商品概要まとめ。認知症と診断されると死亡保険金が受け取れるオプションがあるのが特徴と言える。ただし、日本で認知症と診断された時に、それが保険会社でどのように扱われるかは今のところ不明。