国内の金融商品で紹介者を必要としないのにオフショア投資ではなぜ間に人や会社を挟むのか?正規代理店であるIFAで契約すべし!

2018年10月5,8,9日in香港!IFA訪問やHSBC口座開設に興味ある方はいませんか?
詳細はこちら ⇒ 希望者はどうぞ!
2018年11月9,10日in沖縄!オフショア投資の相談希望者はどうぞ!
詳細はこちら ⇒ 希望者はどうぞ!

私のブログへの問い合わせで、「オフショア投資をしているのですが、紹介者と連絡が取れなくなりました。どうすればいいですか?」というのが多い。

そもそも、なぜオフショア投資になると「紹介者」を間に挟んでしまうのだろか?

オフショア投資は正規代理店であるIFAとダイレクトに契約をすべし!

例えば、日本で生命保険や年金積み立てプランを投資するとしたらどのように行うだろうか?

生命保険であれば正規代理店を通して契約するだろうし、年金積み立てプランであれば、その商品を扱っている銀行や証券会社で契約をするはずだ。

もちろん、商品を知るきっかけとして、友人や知人の紹介であるケースも少なくないだろう。

(私は日本の生命保険や年金積み立てプランなどやるものではないので、もちろん紹介しない。止めろと忠告する。)

ただし、紹介してくれた友人・知人に運転免許証などの個人証明を渡すことはないだろうし、何らかのサインをすることもない。

しかし、なぜかオフショア投資になると「紹介者」を介して、紹介者に運転免許証やパスポートのコピーを渡したり、商品によっては紹介者にサインをしてもらう人がいるようだ。

不思議に思わないのだろうか?

金融リテラシー以前に、個人情報などの取り扱いが心配にならないのだろか?

 

海外オフショア投資と言えど、間に紹介者として個人や会社を挟む必要はない。

と言うより挟んではいけない。

こうした紹介者はいつ連絡が取れなくなるか分からず、そもそもオフショア投資商品の説明をしたり契約をできる立場ではない。

オフショア投資に興味を持ったら、香港などにあるIFA(Independent Financial Adviser)に直接連絡して商品の説明をしてもらい、直接契約をするべきなのである。

IFAは商品契約時から事後サポートまでを請け負う正規代理店である。

IFAと直接契約する事は、冷静に考えれば普通のことである。

オフショア投資を契約する為にはIFAの選択が重要であるが、IFAと直接契約することがオフショア投資を成功させる必須条件と言えるのだ。

 

⇒ ご質問はこちらから。

 

LINE@やってます!
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加


Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください