オフショア投資ってどんな意味?タックスヘイブンとはどう違う?

2017/09/14

2019年5月31日in沖縄!オフショア投資の相談などある方はいらっしゃいますか?
詳細はこちら! ⇒ 相談希望者はどうぞ。
2019年6月4日~5日in東京!オフショア投資の相談などある方はいらっしゃいますか?
詳細はこちら! ⇒ 相談希望者はどうぞ。

ひと昔前に比べて一般的な用語になってきた「オフショア投資」。

実際にはどんな意味があるのだろうか?

オフショアとタックスヘイブンは同じ意味?それとも違う?

オフショア投資とはどんな意味なんだろうか?

そもそもオフショアoffshoreとはoff+shoreからきている英語である。
・off:離れる
・shore:沖

転じて、沖の向こうである海外からも受け付けているという意味になる。

金融ではお金を受け入れている国や地域を指す。

「オフショア投資」と言うが、金融・投資だけでなく、「オフショア開発」はIT業界でも使われている言葉。

税金や人件費の安い国や地域で開発を行い、クラウドで商品を納めるスキームである。

では、「オフショア投資」と似たような意味でつかわれる言葉「タックス・ヘイブン」とは何を指すのだろうか?

タックス・ヘイブンとは税金が著しく低い国や地域の事を指す。

自国民だけでなく非居住者(外国人)に対しても、租税環境を優遇している国や地域の事である。

ヘイブンはheaven(天国)ではなく、haven(避難所)であり、タックス・ヘイブンは租税回避地と訳される。

日本人がオフショア投資を行っている国や地域はタックス・ヘイブンである事がほとんどであるので、「オフショア投資」と「タックス・ヘイブン」は厳密には違う意味なのだが、ほぼ同義で使われているのが現状だ。

日本はと言えば、海外のお金を受け入れているという意味では「オフショア」と言えるかもしれないが、税金が高いので「タックス・ヘイブン」ではない。

タックス・ヘイブンの明確な基準がある訳ではないが、法人税が20%未満の国や地域を指す事が多い。

日本人からしてみれば、「タックス・ヘイブン」である「オフショア地域」に投資を行えば、資産価値が増える可能性が高いと言えるのだ。

 

☆ご質問等はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link