離婚の原因は性格の不一致≒金銭感覚の違い?ファイナンシャルリテラシーの違いもすれ違いになるのでは?

離婚や破局の原因で「性格の不一致」とはよく聞く話。

性格でくくると大雑把過ぎるが、その背景にはお金に対する考え方の相違も含まれていると思う。

夫婦揃ってお子さんに伝えていけるだけのファイナンシャルリテラシーを高めよう!

離婚の原因で挙げられる「性格の不一致」、結婚相談所に勤める知人に聞いてみたところ、その大部分は実は「性の不一致」と言っていた。

ホントか冗談か分からないような話だが、嘘ではないらしい。

夜の営みは大事です。

それはさておき、「性格の不一致」の中には「性の不一致」以外に金銭的なズレもあると思う。

分かりやすいのは一方が堅実な節約家で片方が浪費家であれば、夫婦生活はもちろんもたないだろう。

こうした点は結婚前に分かると思うので、なかなか有り得ないシチュエーションだと思うが、結婚後に分かる金銭感覚のズレと言うか、ファイナンシャルリテラシーの差が徐々に夫婦間に歪を生じさせるのかなと思う。

片方が何も考えずに日本の利回りの低い生命保険の商品を契約したがったり、貯金第一主義で本質的な資産価値や日本円リスクを考えないような人なら、将来が不安になってしまうと思う。

こうしたファイナンシャルリテラシーのズレが性格の不一致と言われても不思議ではない。

 

夫婦どちらかがオフショア籍の金融商品を契約しようとしたところ、相方に反対されてストレスフルになる事もあるようだ。

しっかりと勉強すれば理解できるような話だと思うが、海外やら金融商品やらと聞いて完全にシャットアウトして脳が固まる人も少なくない。

夫が妻に伝えて断れるケースが多いようだが、妻が興味ある場合は夫に断られても密かに契約するケースもあると聞く。

後者の場合、その商品の受取人は子供になるだろうから、お子さんへは資産が遺されるが夫は阻害される結果となる。

夫が退職した後、妻から離婚を言い詰められても仕方ない。

ファイナンシャルリテラシーは夫婦ともに向上させていく事が重要であると言える。

 

お子さんを受取人にするという話をしたが、お子さんが理解できる年齢に達した時に契約している商品の概要を伝えれば、それは貴重な金融教育となる。

両家の父母にも上手く説明できれば、相続・資産承継もスムーズに行えることだろう。

夫婦ともにファイナンシャルリテラシーを高める事は、夫婦の離婚を防ぐだけでなく、資産を上手く引き継いでいける事にも繋がるのでとてもメリットが大きいと言える。

 

⇒ ご質問やご相談はこちらから。

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link