悪いローンと良いローン(借金)!プレミアムファイナンスを活用して生命保険をお得にお安く入るのはレバレッジ効果でメリット大!

「ローン」と聞くと悪いイメージを抱きがちである。

もちろん、世の中には悪いローンも多々あるが、ローンを上手く活用して初期投資を抑えてレバレッジを効かすことができたり、自身の保険証券を担保にお金を引き出す事が出来るスキームあったりする。

海外の保険商品のローンは効果的なものが多い!

ローンと聞いてマイナスなイメージを持つ人は多い。

日本の場合は不動産や自動車を購入する時にローンを組んでいるケースが多いが、それらの担保価値や自身の与信をベースにお金を借りる。

返済には金利を付けて返す必要があるので、金利の影響からかマイナスなイメージを持つのかもしれない。

また、日本の場合はそうした商品(不動産/動産)の価値が上がっていく事が考えにくく、結果として価値が下がっていくものに対して借金しているから負のイメージがあるのかもしれない。

では、プラスなイメージのローンとはどういったものになるのだろうか?

例えば、海外の生命保険は自身が加入する生命保険の証券を担保にして、プライベートバンクやローン会社が保険料の何割かを負担してくれたりする。

米国ローン会社Gracie Point活用により海外生命保険を割安に購入できるスキームとは?金利を経費にできるメリットもある法人向け案件!

海外の生命保険の価値がそれだけ高いからこそできるスキームであるが、高額な保険金の商品を2割程度の保険料で購入できるのは価値がある。

ローンを組んでいるので金利を付けて返す必要があるが、その金利以上の利回りで運用されているものが多く、運用分でローンを支払い、証券価値はそれでも増えていくのである。

日本の保険商品で保険証券を担保にローンを設定する事などできないはずだ。

それは何故なら、それだけ価値ある商品(証券)が存在しないから。

仮に設定できたとしても、どこかの比較的早いタイミングで返済金利分が証券価値を上回ってしまい、証券価値が消滅してしまうだろう。

日本の不動産や自動車購入時に良いローンが組めないのはその商品自体の価値が下がっていくからと先述したが、良いローンを組むにはその商品自体の価値が上がっていく事言うことが一つの条件になると言える。

購入時だけでなく、生命保険の死亡保険金を将来的に担保にして年金を受け取るというスキームが組み込まれた商品もある。

現役時代はもしもの時の為に死亡保険金を頼りに、リタイア後はその死亡保険金を担保に融資してもらい、年金として受け取れる商品である。

年金は死亡保険金と引き換えに受け取るのだが、海外の生命保険の場合は運用利回りにより死亡保険金は年々上昇していく。

この利回りと融資(ローン)金利がどちらが強いかという話になるのだが、この商品は融資によって保険証券の価値が消滅しないようになっている。

それだけの利回り=証券価値があるという事だ。

日本にいると良いローンを組めるだけの価値ある商品が見当たらないが、海外の保険では良いローンを組んだスキームやプランで購入する事ができるのだ。

こうしたスキームが組める組めないというのも、日本と海外の金融格差と言えるだろう。

FTLife社の生命保険On Your Mind!現役時代は死亡保障が厚く、将来的に保険証券を担保に融資を受けられるが借り入れになるので非課税!

⇒ ご質問やご相談はこちらから。

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link