インベスターズトラストの契約は紹介者or正規代理店orIFA?アフターサポートが直接受けられる状態にしておくことが最重要ポイント!

2022/06/22

日本人が申し込めるオフショア籍の金融商品を提供しているプロバイダー(保険会社)の1つにインベスターズトラスト(Investors Trsut)社がある。

以前はインターネットでダイレクトに契約ができたのだが、現状はそのような方式での契約は受け入れていない。

今はIFA(Independent financial Adviser)と呼ばれる正規代理店を介して契約する事になる。

IFAは契約時だけでなくアフターサポートも請け負う事になるので、IFAの選定はとても重要となってくる。

インベスターズトラスト(Investors Trust)はIFAと呼ばれる正規代理店から商品概要の説明を受けてアフターサポートが受けられる状態で契約する事がとても重要!

インベスターズトラストには幾つかの金融商品があるが、日本人に人気があるのは2つの積立商品だと思う。

(積立以外に一括投資型の商品もある。クレジットカードで一括払いができるので、一括投資を契約している日本人もいたりする。)

2つの内の一つはインベスターズトラスト特有のユニークな積立商品になっている。

それはSP500 INDEXという商品。

積立を継続すると元本が確保される商品になっている。

・10年積立継続で100%確保
・15年積立継続で140%確保
・20年積立継続で160%確保

となっている。

米国株価指数S&P500に連動した商品であり、元本確保以上の結果が出る可能性ももちろんある。

仮に元本確保の利回りに達しなかったとしても、積み立てを継続して、一部引き出しなどをしない事を条件に元本が確保されている商品だ。

将来年金を構築するのにももちろん適しているが、それ以外の活用方法もある。

例えば、学資保険の代用としている人もいる。

15年満期140%の元本確保を選択すれば、お子さんが0-3歳児の段階で契約をして積み立てを始めれば、大学に入学する18歳時には満期を迎えている。

「学資保険」では満期時や解約時に学資以外の利用方法に使えないなどの制約を受ける商品もあるが、このインベスターズトラストのS&P500 INDEXの場合は元々学資保険ではないので、そういった制約は何もない。

(そもそも、日本の学資保険は利回りがほぼ無いので契約する意味がない。)

また、気の早い方はお子さんが小さいうちから結婚資金構築などの為に契約をしても有用だと思う。

安心・安全な金融商品や元本確保型商品を好む日本人には最適な商品と思われる。

ただし、どのように元本確保されているかは開示されておらず、仕組債としか書かれていない。

ブラックボックスになっているので、慎重な性格の方はこの商品の契約を避ける傾向にある。

元本確保にはロイヤルティボーナスも含まれます。猶予期間内の拠出があり、減額や一部解約がない場合のみ元本確保が適用されます。本商品は、高格付金融機関が提供する仕組債により元本確保されます。投資家はこれらの発行体である金融機関/カウンターパーティリスクを負います。これらの投資機関が支払い不能に陥った場合には、投資家の資金の一部または全額が失われる可能性があります。詳細についてはプランの説明資料をご参照ください。

また、インベスターズトラスト社にはEvolution(エボリューション)という積立型投資商品もある。

他のオフショア積立投資商品と同様に、クレジットカードで毎月引き落としをして積み立てをしていき、ファンドを選定して運用していく商品。

初期ユニット期間(2年)が終われば一部引き出しも可能である。

こうした商品は、手数料体系を含めて商品概要をしっかりと把握してから契約を行う必要があるが、その為には、正規代理店であるIFA(Independent Financial Adviser)から説明を受けて契約しなくてはならない。

IFAとは正規代理店の総称の事である。

インベスターズトラスト等のオフショア投資商品は友人や知人から、はたまたどこかの勉強会やセミナーなどで聞いて知るケースが多いと思うが、そうした人の説明で納得せず、しっかりと正規代理店(IFA)で説明を受けてから契約する事が重要だ。

友人や知人がどこまで手数料を含めた商品概要を理解できるだろうか?

海外の金融商品なので日本国内に正規代理店はないので、日本国内で勉強会やセミナーを開催している人も契約に関与する事は出来ないし、勧誘や営業は違法行為となるので注意が必要だ。

販売側が規制されているだけで契約する事は問題ないのだが、日本国内に正規代理店はないので、自ら海外にある正規代理店に連絡する必要がある。

また、契約後に何かあった時も正規代理店に直接質問ができるように、正規代理店と直接繋がっておくことが重要となってくる。

友人や知人、勉強会やセミナーの主催会社を介して契約すると、そうした個人や会社が契約後も窓口になり、いちいち間に入ってくるので煩雑さが増えるだけで、何の意味もない。

責任の所在も曖昧になるだけだ。

インベスターズトラストの商品に興味があれば、正規代理店に直接連絡してみよう!

 

⇒ ご質問やご相談はこちらから。

 

 

インベスターズトラスト(Investors Trust)の商品概要の把握・事後サポートを考えれば正規代理店IFAと直接繋がっておかなくてはならない!

インベスターズトラスト、以前はインターネットで直接契約ができたと書いたが、こうした契約方法だと契約者本人が契約後も自己完結して問題を解決していかなくてはならない。

インベスターズトラスト社もそれは困難だと感じ、他の保険会社と同じようにIFA(Independent Financial Adviser)を介して契約するように変更したのだと思う。

そもそも、安心・安全を好む日本人、インターネットでオフショア商品を購入するのには抵抗があるのではないだろうか?

インターネットで契約すると、後は自分で全て対応をしていかなくてはならないが、金融教育を受けていない日本人にとって、それはとても難しい。

そうした点に不安を感じる方が多く、契約後に何かあれば電話・メール、そして対面で質問をしたい!サポートを受けたい!という方の事を考えて、IFAを介しての契約方式に変更したのだと思う。

IFAの選定ポイントだが、先ず、日本にいる個人や会社が正規代理店(IFA)には成り得ない事を知っておかなくてはならない。

それは何故なら、金融商品取引法で日本の金融庁に登録されていない金融商品の営業や勧誘ができないと明記されているからである。

もし、日本国内の個人や会社が正規代理店と言っていたら、その個人や会社は法律を理解していないという事になるので、近寄ってはいけない存在と言える。

自ら海外にある正規代理店に連絡して契約する事は合法となっているので、海外にある日本人を受け入れている正規代理店を選定すれば良い。

日本人スタッフがいて、日本人に対するサポート経験・実績が豊富な正規代理店も存在する。

先ずは、そうした正規代理店に問い合わせをして、直接サポート内容や商品概要の説明を聞いてみれば良い。

インベスターズトラストに限らず、オフショア金融商品は正規代理店であるIFAが販売代理店として間に入るのが一般的。

インベスターズトラストを契約することはゴールではなく、あくまでスタート。

長い契約期間をしっかりと完遂するために、サポート力の高いIFAを選択して契約を行う事をおススメしたい。

 

⇒ ご質問やご相談、正規代理店(IFA)の選定でお悩みの方はこちらから。

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link