年金支給開始年齢引き上げの推移!今後もますます改悪されていくことでしょう!

2018年11月9,10日in沖縄!オフショア投資の相談希望者はどうぞ!
詳細はこちら ⇒ 希望者はどうぞ!
2018年11月15,16日in香港!IFA訪問やHSBC口座開設に興味ある方はいませんか?
詳細はこちら ⇒ 希望者はどうぞ!

避けては通れない日本の年金問題。

定期的に改悪となっているが、年金受給開始年齢を例に改悪の推移を見える化してみたい。

厚生年金支給開始年齢の引き上げ推移!

見える化すると言ったものの、先ずは文章で厚生年金の推移をまとめてみようと思う。

◆1942年(昭和17年):「労働者年金保険法」
男性55歳
(女性は適用除外)
◆1944年(昭和19年):「 厚生年金保険法」
男女ともに55歳
◆1954年(昭和29年):「改正」
男性55歳から60歳に。昭和32年度から4年に1歳ずつ16年かけて引き上げ。
女性はそのまま55歳。
◆1985年(昭和60年):「改正」
男性60歳から65歳に。ただし、60~65歳まで特別支給の老齢厚生年金を支給。
女性55歳から60歳に。昭和62年度から3年に1歳ずつ12年かけて引き上げ。
◆1994年(平成6年):「老齢厚生年金の定額部分について改正」
男性60歳から65歳に。平成13年度から3年に1歳ずつ12 年かけて引き上げ。
女性60歳から65歳に。平成18年度から3年に1歳ずつ12年かけて引き上げ。
◆2000年(平成12年):「老齢厚生年金の報酬比例部分について改正」
男性60歳から65歳に。平成25年度から3年に1歳ずつ12年かけて引き上げ。
女性60歳から65歳に。平成30年度から3年に1歳ずつ12年かけて引き上げ。

やはり文章にすると分かり辛い。

見える化でグラフにしてみたいと思ったが、厚生労働省の公式サイトに掲載されていた。

このグラフ、昭和62年から掲載されている。

戦前の1942年(昭和17年)に施行された「労働者年金保険法」から45年経ったのが昭和62年。

そして、そこから43年経った平成42年までのグラフとなっている。

(平成は30年で終わるが、天皇陛下退位がお決まりになるかなり前に作成されたグラフである。)

昭和62年を起点にその前は大きな変化がなかったものの、それ以降に大きな変化が生じている。

昭和62年はバブル崩壊直前の頃だが、この頃から将来の年金を危惧する動きが政府内にはあったのかもしれない。

それから時が経ち、日本は人口減少、少子高齢化によって年金は大きな問題を抱える事になった。

今後も日本の公的年金は改悪がどんどん進んでいく事だろう。

実際、財務省が厚生年金の支給開始年齢を68歳に引き上げるべきだと主張を展開している。

このままのペースでいけば年金支給開始年齢は70歳、75歳、80歳となっていき、実質的に日本は年金がもらえない国となってしまう可能性は大いにあり得る。

個人としてこの年金問題を真剣に捉えるのであれば、個人的に老後資金を構築する方法を真剣に考えなければならない。

人口問題や少子高齢化が進み経済が縮小している日本で、将来を支えてくれる商品が民間の金融機関にはないと言っていいだろう。

ならば、視点は海外に向ける以外にないはずだ。

 

*ご質問はこちらから。

 

LINE@やってます!
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加


Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください