海外駐在から帰国するけどそのお金を日本に戻したくないのなら、日本の住所では契約できないオフショア金融商品を契約するのも良い方法!

2018年12月30日~2019年1月6日in愛知!オフショア投資の相談希望者はどうぞ!
詳細はこちら ⇒ 希望者はどうぞ!

海外へ駐在していて日本に帰国する際、現地通貨を日本にお金を持って帰りたくないと考える人が多い。

日本円にしても意味がなく、海外に分散して資産が作れているのをわざわざ日本に戻すメリットは全くない。

日本の住所では契約できないが海外の住所では契約できるオフショア金融商品は多い!

海外に駐在していたら駐在手当や家賃補助などがあり、現地通貨でお金がそこそこ残る人が多い。

現地の銀行口座を作るはずだが、せっかく海外で作った資産を日本に持って帰る意味はなく、その口座にお金を残しているだけでは暫くすると口座が凍結・休眠となってしまう。

では、どうすればいいのだろうか?

海外オフショアの金融商品を契約すれば良いと思う。

海外には日本とは比較にならないほど優れた生命保険や年金プランが存在する。

だが、日本をマーケットから外している保険会社が多い。

日本市場を相手にするとコストがかかるので割に合わないのだ。

日本をマーケットから外す度合いは保険会社によりけりであるが、日本人である段階でNGとする事もあるが、居住地が日本でなければ受け入れる会社も多い。

つまりは、日本居住の日本人は受け入れ拒否であるものの、海外に住所がある日本人であれば受け入れてくれる会社が多いのだ。

海外に駐在すると海外で資産が溜まるだけでなく、海外の住所が手に入る。

これは思っている以上に価値がある事。

海外から日本に引っ越してきて日本居住となると失われてしまう権利があるのだ。

その一つが海外オフショア金融商品の契約になるのだが、海外に住所があるうちに契約できる海外オフショア金融商品を購入して、駐在中に構築した海外通貨での資産を有効的に活用していくべきだと思う。

日本に戻った後も、継続かつ有効的に海外分散投資を行っていく事ができる。

 

ご質問はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★ https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!をポチっとしてもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください