開業医の為の資産保全・資産運用・資産価値向上アドバイス!不動産投資よりも海外の利回りの高いオフショア金融商品を活用すべきでは?

2022/7/22(金)-23(土)in東京
オフショア投資相談会開催!
相談希望者はここをクリック!


開業医の方はいわゆる富裕層というカテゴリーにランク付けされるはずだ。

多くの開業医は年収も高く余裕資産も多いのだろうが、その管理方法や使い道に頭を悩ませている傾向にあると感じる。

余裕資金がある開業医がすべきことは不動産投資ではなく、先ずは資産保全であるはず!

開業医の方とお話させていただく機会もあるが、お金の話となると得意でない人が多いように感じる。

開業ドクターともなれば相当頭も良いはずだが、医学の道をひたすら究めてきたからだろうか、金融教育と言う部分では知識が疎かになってしまっているのかと思う。

これは開業医だけでなく全ての日本人に共通する弱点であるが、小さいころから全く金融教育を受けていないので、ファイナンシャルリテラシーが培われないのも仕方ない。

一般的に日本国内で行われているお金の話は資産価値を向上させる為のものではなく、銀行や保険会社を維持させたり、日経平均株価の数値を吊り上げて日本経済が上辺だけでも好調に見せる為に国民のお金を利用する為のものと言える。

そして、開業医は不動産投資のターゲットにされやすいようだ。

それなりのお金があるので不動産投資に目を向けてお金を投じてしまう開業医もいるが、人口減少・少子高齢化社会の日本で不動産投資で利益を得続けるのはとても難しい。

管理も大変であり、空き家問題も徐々に大きくなっているので、不動産投資がお勧めとはとても思えない。

もちろん、海外の不動産投資なら良いかと言えばそうした事はない。

不動産投資を行うのであれば、現地調査をしてから契約し、何かあれば直ぐに現地に行けるようにしておかなければならないが、実際にそうしている人は少ないと思う。

海外の不動産投資でも、現地や間に入る日本人のデベロッパーやエージェントに食い物にされているケースがとても多い。

ならばどうすれば良いのだろうか?

日本には利回りが良い金融商品がないが、海外には利回りの良い金融商品があるので、そうした商品を活用すればよい。

しっかりと現地の金融庁や保険業を管理監督する機関に登録されている金融商品を契約すれば大丈夫と言える。

そして、余裕資金があれば先ずはその資産を保全する事を考えなくてはならない。

人口減少・少子高齢化が進んでいる日本では今後経済が上向く事は考えにくく、日本円の価値は下がっていく事だろう。

現にインフレが徐々に進んでいるが、これは相対的に日本円の価値が下がっている事を意味する。

日本で日本円を放置していれば資産価値が下がっていってしまうのだが、日本には利回りが良い金融商品もないので、海外にあるそうした金融商品を活用するのがベストとなってくる。

海外に資産を移す事になり、日本円リスクから解放されて分散投資を行えるので、資産保全・資産運用・資産価値向上が同時に行えるのだ。

ドクター同士で横の繋がりがあると思うが、こうした話ができるドクターは少ないだろう。

餅は餅屋であり、資産については海外にあるIFA(Independent financial adviser)と呼ばれる機関を活用するに限る。

海外の金融商品を契約する際の窓口になり、アフターサポートも請け負ってくれる機関になるが、日本人スタッフがいるIFAも存在する。

IFAは現地の金融庁などに登録されているので、騙される事もない。

騙すような事をすればその資格や立場から追い出されてしまうので、IFAをしっかりと選定さえしておけば、資産保全~資産価値向上までを助けてくれるはずだ。

日本と言う狭い視野で物事を見ていると良い方法を見つけ出せないが、視野を海外に持つ事によって、人生はより豊かになっていくと思う。

 

⇒ ご質問やご相談等はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link