4月3日は資産形成を考える日!分散・防衛も考えれば海外のSaving Planは活用価値が大きい!

2019年6月24日~26日in香港!IFA紹介・HSBC香港口座開設・会食希望etc
詳細はこちら! ⇒ 希望者はどうぞ。

4月3日は語呂に合わせて「資産形成を考える日」となっているようだ。

将来に備えて、どのように資産を形成していくかを考える日としてみよう!

日本国内で資産を形成できる?

投資の初中級者を応援するウェブサービス「投信1(トウシンワン)」を運営する株式会社ナビゲータープラットフォームが制定。将来の資産形成の必要性について知り、自分に適した方法を考える日とするのが目的。日付は4と3で「資(4)産(3)」と読む語呂合わせから。「投信1」で「資産形成を考えるための特集」を行う。

資産形成という言葉よりも、一般的には資産運用や投資と言う言葉の方が広く使われていると思う。

あくまで私の勝手なイメージだが、資産形成は目的に対してどうアプローチしていくかであり、資産運用や投資は今ある余裕資金額や収入からどうやって資産を増やしていくかの違いかなと感じる。

日本国内で資産形成を行えるのだろうか?

日本国内で資産形成を行う事は得策なのだろうか?

資産形成を考える日で先ず考えなくてはならないのはこのポイントだと思う。

この記念日を制定した会社のサービス「投信1」や「トウシンワン」で検索しても何も出てこないのだが、そもそも日本国内の投資信託で資産形成をするには無理がある。

日本で収入を得ていて、日本の投資信託によって資産を形成するのは卵を同じ籠に入れているのと同じ。

日本は人口減少・少子高齢化が進んでいて、日本円の価値そのものが下落する可能性が高いからだ。

なので、とても隙間が大きな籠を1つ利用しているだけで、卵が抜け落ちてしまう可能性がある。

資産形成は目的に対してアプローチするイメージと書いたが、基礎・基盤を固めておかなければ目標に到達する可能性は低い。

普通に働きながら、どの投資信託を選択すべきかを考えることは簡単ではない。

しかも、それを日本国内のシステムを利用して資産形成しようという考えではリスクを分散できていない。

海外にはSaving Planと呼ばれる年金プランがあるが、これは約200あるファドリスト(投資信託)から10個までを選んで運用を行えるのだが、プロにファンドの選定やスイッチングをお任せする事もできる。

こうしたSaving Plan、数は少ないが日本人が契約できる商品も存在している。

しかも、日本にいながら契約でき、クレジットカードで引き落としができるので、海外に渡航することなく、資産分散を同時に行えるのである。

資産形成の基礎・基盤にあるのは資産防衛だと思う。

日本人にとって、資産を防衛しながら形成していく手段としてSaving Planが活用できるのだが、意外とこの手法のメリットを感じていない日本人が多いように感じる。

(そもそも、こうした商品を知らない人が多いのだが。)

 

ご質問等はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link