日本の銀行は10年以上取引がなく残高1万円未満の口座を休眠扱いとするらしい!

最近、日本の銀行口座の休眠口座の取り扱いに関するニュースを見聞きする事が多い。

どのようなケースで休眠口座となってしまうのだろうか?

“日本の銀行は10年以上取引がなく残高1万円未満の口座を休眠扱いとするらしい!” の続きを読む

HSBC香港で複数通貨を分散所持する方法とは?マルチカレンシー口座を活用しよう!

日本に余裕資産を置いていても意味がない。

ならば、金融立国である香港で銀行口座を開設して資産保全に努めれば良いが、一番活用しやすいのがHSBC香港と言える。

“HSBC香港で複数通貨を分散所持する方法とは?マルチカレンシー口座を活用しよう!” の続きを読む

HSBCは一つの国でプレミアを作れば他国では簡単に口座開設できるGlobal Viewというサービス有り!

HSBC香港には3つの口座が用意されている。

Personal Integrated(パーソナルインテグレーテッド)、Advance(アドバンス)、Premier(プレミア)とあるが、この中で一番グレートが高いのはPremierとなっている。

Premierで口座を開設するメリットとして、世界各地のHSBCのPremier口座を繋げて一括管理できるGlobal Viewというサービスを受けられる事も上げられる。

“HSBCは一つの国でプレミアを作れば他国では簡単に口座開設できるGlobal Viewというサービス有り!” の続きを読む

2018年HSBC香港 口座開設状況最新版!もうはまだなり まだはもうなり!

2018年、明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

“2018年HSBC香港 口座開設状況最新版!もうはまだなり まだはもうなり!” の続きを読む

HSBC香港は子供名義でも口座開設可能?18歳以上の年齢制限があるので先ずは親が作ってその後に共有口座にしよう!

将来的な事を考え、子供名義でHSBC香港の口座開設を持ちたいと考えている人もいるようだ。

中学生や高校生でも、英語が話せればHSBC香港の口座を持つことはできるのだろうか?

“HSBC香港は子供名義でも口座開設可能?18歳以上の年齢制限があるので先ずは親が作ってその後に共有口座にしよう!” の続きを読む

HSBC香港やオフショア生命保険会社の郵送物はコレスポンデンスアドレスを指定して転送ができる!

HSBC香港の口座開設やオフショア金融商品の契約時には、当然ながら住所を登録する事になる。

運転免許証など公的な証明書に記載されている住所になる。

だが、郵送物の受け取りは別の住所に設定する事もできる。

この住所の事をコレスポンデンスアドレスという。

“HSBC香港やオフショア生命保険会社の郵送物はコレスポンデンスアドレスを指定して転送ができる!” の続きを読む

サンライフ香港契約に必要な書類とは?日本語の住所証明でOKで住民票でも大丈夫!

オフショア投資は海外籍の金融商品。

その為、英語での身分証明が必要な事が多いが、生命保険で有名なサンライフ(Sun Life)香港は日本語の身分証明だけで契約できる。

“サンライフ香港契約に必要な書類とは?日本語の住所証明でOKで住民票でも大丈夫!” の続きを読む

HSBC香港の口座を休眠・凍結・ロックさせない方法とは?1年に1回のアクティブ化を忘れない為の㊙テクニック!

年々口座開設が厳しくなっているHSBC香港の口座開設。

口座を持っている人は凍結されないようにしなくてはならないが、一定割合でロックされてしまう人がいる。

“HSBC香港の口座を休眠・凍結・ロックさせない方法とは?1年に1回のアクティブ化を忘れない為の㊙テクニック!” の続きを読む

HSBC香港は口座開設が困難になってから作った人より簡単に作成した人の方が休眠・凍結になりやすい⁉

年々口座開設が厳しくなっているHSBC香港。

それだけに、せっかく作った口座をしっかりと守ってほしいと思うのだが、意外ない事に比較的最近口座開設をした人の方が、凍結や休眠になる確率が低いようだ。

“HSBC香港は口座開設が困難になってから作った人より簡単に作成した人の方が休眠・凍結になりやすい⁉” の続きを読む