HSBC香港の営業時間は?日本とは祝日が異なるので要注意!

HSBC香港の口座開設は、香港に渡航して窓口・ブースで行う事になる。

当然ながら、HSBC香港の営業時間内に訪れなければならない。

“HSBC香港の営業時間は?日本とは祝日が異なるので要注意!”の続きを読む

Sponsored Link

英会話が出来てもHSBC香港の口座が開設できるか分からないが、英会話が出来なかったらHSBC香港の口座開設は出来ない!

年々厳しさを増しているHSBC香港の口座開設。

少なくとも、窓口でコミュニケーションが取れないと、口座を開設する事は不可能だ。

“英会話が出来てもHSBC香港の口座が開設できるか分からないが、英会話が出来なかったらHSBC香港の口座開設は出来ない!”の続きを読む

海外駐在・移住している日本人がHSBC香港の口座を作るには?

仕事の関係で海外に駐在していたり、リタイアして海外に移住している人でもHSBC香港に興味がある人はいるはずだ。

日本居住の日本人がHSBC香港を作る際の必要書類はインターネットを探せば出てくると思うが、日本に居住していない日本人はどのような書類が必要になるのだろうか?

“海外駐在・移住している日本人がHSBC香港の口座を作るには?”の続きを読む

HSBC香港の共有口座は2人揃わないと開設できない!

日本人にもお勧めのオフショア銀行口座であるHSBC香港。

共有口座が作れる事も、日本の銀行にはない大きな特徴である。

共有口座はどのように作れるのだろうか?

“HSBC香港の共有口座は2人揃わないと開設できない!”の続きを読む

HSBC香港の資産運用、活用術は?金や株式投資もできるが基本は資産防衛口座!

HSBC香港の口座開設に興味を持っている人も多いと思う。

HSBC香港は銀行口座であるので、HSBC香港の口座を持ったからと言って資産が飛躍的に伸びる訳ではないが、投資もできる口座である。

“HSBC香港の資産運用、活用術は?金や株式投資もできるが基本は資産防衛口座!”の続きを読む

HSBC香港の口座開設や凍結・休眠解除、自分でできないなら有料サポートを利用するしかない!

HSBC香港の口座開設、金融に関するある程度のテクニカルターム(専門用語)を含む英会話や必要書類が整っていれば、可能と言える。

(それでも口座開設の理由などを真っ当に答えないとNGになるケースがある。)

逆に、英語や専門的なやりとりに自信がない人は、自力での口座開設は困難なので有料サポートを受けるしかない。

“HSBC香港の口座開設や凍結・休眠解除、自分でできないなら有料サポートを利用するしかない!”の続きを読む

HSBC香港、口座休眠Dormantと凍結Unclaimの違いとは?

HSBC香港、一定期間使用していないと休眠や凍結になってしまう。

休眠と凍結は同じなのだろうか?それとも違うもの?

また、そうなるまでの期間は12か月だと言われたり、24か月だと言われたりするが、一体どうなっているのだろうか?

“HSBC香港、口座休眠Dormantと凍結Unclaimの違いとは?”の続きを読む

HSBC香港1日当たりの引き出し限度額が8万香港ドル(HKD)にアップ!

オフショア地域の銀行として、日本人の口座保有者も多いHSBC香港。

そのHSBC香港の1日当たりの引き出し限度額が増額された。

“HSBC香港1日当たりの引き出し限度額が8万香港ドル(HKD)にアップ!”の続きを読む

FXや日本の銀行での外貨預金が本質的な海外投資でもなんでもない理由とは?

「外貨預金は海外投資」と思っている人がいるようだ。

日本国内で外貨預金をしても、リスク分散もされず全く意味はない。

“FXや日本の銀行での外貨預金が本質的な海外投資でもなんでもない理由とは?”の続きを読む

HSBC香港、マイナンバー提出で節税以外のメリットはあるの?

平成28年1月からマイナンバー制度が施行された。

日本だけでなく、海外の銀行の口座開設や金融商品の契約時にマイナンバーの提出が求めれる事が多い。

HSBC香港でもマイナンバーの記入が必要となっている。

だからと言って、特に問題が生じる訳ではない。

“HSBC香港、マイナンバー提出で節税以外のメリットはあるの?”の続きを読む