海外積立投資・オフショア投資商品の契約で解約しないと誓約書を書かせる紹介者・代理店がある?そんな仲介者に近づくべきではない!

2021-2022年末年始in愛知
2022年1月3連休in東京!
オフショア投資の相談希望者は
いらっしゃいますか?

相談希望者はここをクリック!

RL360°等の海外積立投資商品を含むオフショア投資商品は、海外にあるIFA(Independent financial Adviser)と呼ばれる正規代理店から直接購入するのが原理原則である。

だが、IFAとクライアントの間に入ってくる紹介者や仲介者がいたりするケースもあるようだ。

更には解約しないと誓約書を書かせる紹介者や仲介者もあるようだが、そんな人たちに近付くべきではない。

海外積立・オフショア投資:解約しないと誓約書を書かせる人からを距離を置こう!

20世紀後半に起こった金融ビックバンで日本人も海外の金融商品を契約する事が合法化されたが、契約の意思がある人が直接海外にある正規代理店に連絡して購入する事だけが合法化されている。

海外の金融商品という事もあってか、間に入って契約行為に関与する紹介者・仲介者と言った人がいたりするが、そうした人たちは違法であるし、こうした人たちを間に挟むメリットは何もない。

責任の所在が曖昧になったり、サポートが杜撰になったりとデメリットはたくさんある。

海外積立・オフショア投資に興味があれば、こうした人たちに関わらずに直接IFAに連絡すべきである。

更に困った事に、解約してはいけないと誓約書を書かせる人までいるという。

困った話だが、この誓約書に意味があるとは思えない。

単純に解約されたら自分の実入りが無くなるので意味不明な誓約書を書かせているのだろうが、この誓約書自体が自らが海外積立・オフショア投資商品の取引行為に関わっていますよと証明するようなもので、違法行為をしていると自ら明かしているようなものである。

そんな法律を知らないのか、それともそこまで考えが及ばないのか分からないが、知識が不足している人にお世話になってもプラスになる事はないので、黙って距離を置くのが一番だ。

 

海外オフショア投資はIFAの選定が最も重要と言われるが、こうした紹介者や仲介者を抱え営業させているIFA事態にも近付くべきではない。

IFAも同じく知識不足と言えるし、そうしたIFAは紹介者・仲介者に営業もサポートも丸投げしているだけで責任感があるとは思えない。

日本人スタッフがいて自らの責任で商品概要を説明し、アフターサポートも自ら責任を持って行ってくれる誠意あるIFAを選定しないと、ゆくゆく困ってしまうのは契約者自身となってくる。

 

⇒ ご質問やご相談等はこちらから。

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link