RL360やインベスターズトラストはMLMやネットワークビジネス好きな人向けor大嫌いな人にお勧めできるIFA/正規代理店に二極化される!

私はMLM(マルチレベルマーケティング)・ネットワークビジネス・ねずみ講と言われるビジネス形態が嫌いである。

否、大嫌いである。

中にはそうした形態を好む人もいるかもしれない。

RL360°やインベスターズトラストなどの海外オフショア投資商品の契約はIFA(Independent financial adviser)と呼ばれる正規代理店が窓口となりアフターサポートも担う事になるが、MLMの形態を取っているIFAもあったりする。

自社で契約からサポートまでを責任感持ってやってもらえるIFAを選ぶか、MLMのような形態にして紹介者に丸投げするIFAを選ぶか、その判断はあなた次第!

オフショア籍の海外金融商品の契約、MLM形態のIFAを選ぶも直接契約のIFAを選ぶもあなたの自由!

海外オフショア金融商品に限らず、私はMLMが好きではない。

階層的になっていて、下層になればなるほど商品知識が希薄になるし、同時に責任感も薄れていってしまう。

海外オフショア金融商品の場合、MLMの形態で契約するといわゆる紹介者がアフターサポートも担うケースになる事がほとんどだが、それは同時にサポートレベルが低くなる事を意味する。

レベルが低くなるというか、サポートを放置して連絡が取れなくなってしまう紹介者もいるので問題だ。

巷ではRL360°やインベスターズトラストの事を悪く言う人もいたりするが、そうした人の意見を聞いていると会社や商品は問題ないが適当な紹介者が多すぎると分析できる。

紹介者が問題なだけで、会社や商品は優れていると判断したならば、紹介者を介さずに直接IFAに連絡して契約すれば良いだけの話。

金融商品取引法を見ても、日本人が海外の金融商品の契約する事は問題ない一方で、勧誘や営業などの取引行為は禁じられている。

購入者ではなく販売サイドに規制がされているので、勧誘や営業を受けたとしても、直接IFAに連絡して契約しなくてはならないのだ。

原理原則的には以下のような流れとなる。

プロバイダー(保険会社) – IFA(正規代理店) – クライアント(顧客)

だが、中にはMLMの流れに乗っかって契約をしたい人もいるようだ。

友人・知人に直接話を聞いたり、勉強会やセミナーに誘われたからその流れで契約するしかないと感じて断る事ができないタイプもいれば、勉強会やセミナーで「契約したら紹介者になってこの商品を広げていきましょう」と誘われてMLMの一人になってしまうケースもあるようだ。

責任感も何もない話である。

こうした話をする人たちはクライアントの事を考えている訳ではなく、自分たちの利益しか見えていないので、アフターサポートが疎かになってしまうのだ。

とある商品の上辺だけを把握して、MLMのシステムを広げていく結果がネガティブなイメージを広げているだけであるし、こうした人たちが長期契約となるオフショア投資商品のサポートを最後まで完遂できるとは到底思えない。

とは言え、MLMのシステムを使えば商品情報は広がりやすく、IFAとしても楽してビジネスができるのだろう。

そうしたIFAを選択すべきはどうかは置いておき、MLMのシステムを活用して紹介者経由でないと契約を受け入れていないIFAもあれば、直接契約を受け入れてくれるIFAもある。

どちらのタイプのIFAに興味があり、最終的にどこのIFAで契約するかはあなた次第。

私が知り得ている情報はお伝えする事ができるので、IFAの情報について知りたければご連絡いただければと思う。

 

☆ご質問やご相談はこちらから。

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link