令和4年の年末ジャンボ宝くじの当選確率や期待値は?2022年のジャンボ宝くじの当選確率や期待値をまとめて例年と比較してみた!

令和4年11月22日(火)から2022年最後のジャンボ宝くじである年末ジャンボ宝くじの販売が始まる。

販売期間は12月23日(金)までで抽せん日は大晦日の12月31日(土)。

そんな年末ジャンボ宝くじの当選確率や期待値はどうなっているのだろうか?

令和4年(2022年)年末ジャンボ宝くじの当選確率や期待値まとめ!

早速だが、令和4年(2022年)の年末ジャンボ宝くじの当選確率や期待値を算出した結果についてお伝えしたい。

  当選金額 総本数 本数/ ユニット 当選確率 期待値
1等 7億円 23 1 0.000005% ¥35.00
前後賞 1.5億円 46 2 0.000010% ¥15.00
組違い賞 10万円 4577 199 0.000995% ¥0.995
2等 1千万円 92 4 0.000020% ¥2.00
3等 100万円 920 40 0.000200% ¥2.00
4等 5万円 46,000 2,000 0.010000% ¥5.00
5等 1万円 1380,000 60,000 0.300000% ¥30.00
6等 3千円 4,600,000 200,000 1.000000% ¥30.00
7等 300円 46,000,000 2,000,000 10.00000% ¥30.00
期待値:149.995円

(23ユニット発売予定。1ユニット2,000万枚)

1枚300円の宝くじ、その期待値は半値の150円にも満たない149.995円となっていて、確率のとても低いギャンブルである。

宝くじは愚か者に課された税金と揶揄されるが、まさにその通りで購入すべきものではない。

令和4年(2022年)の年末ジャンボ宝くじの当選確率や期待値を昨年2021年と比較してみたら、販売予定数が1ユニット増えているだけで全く同じ結果となった。

2021年末ジャンボ宝くじの当選確率と期待値!令和3年のジャンボ宝くじの期待値の推移まとめ!

考えることを放棄しているのだろうか?

1ユニット販売数が増えるのは景気が良くなったと喜ぶべきか?それともマネーリテラシーが低い人が増えたと悲しむべきか?

私は後者と捉えている。

この1年のジャンボ宝くじの期待値がどのように推移したかを表にまとめてみた。

宝くじ名 期待値(還元率)
2021年年末ジャンボ 149.995円(49.9983%)
2022年バレンタインジャンボ 144.99円(48.33%)
2022年ドリームジャンボ 149.99円(49.9967%)
2022年サマージャンボ 141.49円(47.1633%)
2022年ハロウィンジャンボ 142.99円(47.4967%)
2022年年末ジャンボ 149.995円(49.9983%)

2021年の年末ジャンボからの数値を並べてみたが、ジャンボ宝くじの期待値は50%弱でコントロールされている事が分かる。

1枚300円の宝くじで期待値は140~150円の間に入るように指示されているのだろう。

こんな細かな設定をするのも大変なので、担当者も1年前と同じにしておこうと思ってしまうのかなと思う。

 

⇒ ご質問やご相談はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link