祝!東海道新幹線開業から50周年、日本の科学技術の象徴だ!!

2014/10/01

1964年10月1日に開業した東海道新幹線、本日50周年を迎えた。

 

新幹線からリニアモーターカーへ、日本の科学技術を売り込め!!

東海道新幹線は開業以来50年での走行距離は20億km。

想像も出来ない数字だが、地球を5万周しているらしい。

地球5万週も想像できないが…

延べ乗客数は56億人、日本人が5回は乗った計算であり、近い将来、世界の総人口と同数になるだろう。

 

東京オリンピックが始まる9日前に創業し、世界に日本の科学技術をアピールすることができた。

日本の鉄道は定刻通りに運行されており、世界から称賛を浴びている。

東海道新幹線に関しては創業以来、列車事故死はゼロ。

アジア人を中心に日本に観光に来たお客さんの1つの楽しみは新幹線であるらしい。

関東方面なら富士山が見えるコースを選び、関西なら大阪-京都間だけでも新幹線に乗りだがる。

 

そんな新幹線、海外にも営業をしているが、なかなか上手くいっていない。

そして時代はリニアモーターカーに推移していく。

日本が長期に亘り研究・開発しているリニアモーターカー、2027年の開業が決定している。

「日本のような狭い国土でリニアモーターカーは必要か?」とネガティブな発言をしている人がいるが、世界に売り込むためには実績が必要。

日本で運用させる必要があるのだ。

スーパーコンピューターでもオーバースペック的な発言をする人がいるが、こうした技術はいつ日の目を見るかわからない。

日本は技術で勝負する国、技術力を高め、実績を積んでいくしかない。

 

技術に対して夢の無いことを言っていると、日本の持つ長所・特性は消えてしまう。

問題は技術以上に、売り込み方、営業や外交である。

東海道新幹線開業から100年後、即ち今から50年後に世界中でリニアモーターカーが走っていることを夢見ていたい。

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link