rl360°(ロイヤルロンドン360°)の日本語対応や通訳サポートは?

2015/08/31

海外投資に興味がある人は多いと思う。

だが、海外であるがゆえに、英語ができずに諦めている人もいるかもしれない。

この問題を解決するには、日本語対応しているIFAを介して契約すればいいだけだ。

日本人対応しているサポート力の高いIFAを選択することが重要!

例えば、RL360°(旧名ロイヤルロンドン360°)は英国近くのマン島で登記されている会社であり、英語圏である。

契約書類はもちろん英語。

英語ができない人は誰かのサポートを受けなければならないだろう。

オフショア金融投資は、IFA(Independent Financial Advisor)と呼ばれる販売代理店を介して契約するのだが、このIFAはサポート業務も行う。

販売からその後のサポートまで行ってくれるのがIFAである。

日本人対応、日本語対応、通訳的なサポートをしてくれるIFAを選べば、英語がわからなくても契約はできる。

(実際には、英語ができる人もIFAを介して契約するのが通例である。)

 

日本人を受け入れているIFAは20社程度あると言われている。

日本人を受け入れているということは、日本人スタッフがいたり、日本語が話せるスタッフがいるということだ。

IFAにより取り扱い商品は異なるが、自分が契約したい商品が決まっていたら、その商品を扱っているIFAを調べて直接メールをしてみればいい。

日本語対応しているIFAであれば、日本語でメールを書いても問題ない。

オフショア投資は長期間の契約になるので、日本語対応・通訳を含めたサポート力の高いIFAを選ぶことが重要である。

オフショア投資が成功するかどうかは、このIFAの選択が全てといっても過言ではないくらい、とても重要なことである。

 

ご質問やIFAの紹介依頼はこちらから。

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link