子ども人数(年少人口)国際比較。日本は世界の流れに逆行!

2014/05/05

2020年11月23日(月・祝)-26(木)、東京にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちらから!⇒ オフショア投資の相談希望者はいらっしゃいますか?

5月5日は子どもの日。

20世紀であれば外で遊ぶ子が多かったと思うが、最近では公園で遊ぶ子は減ったのだろうか?

そもそも子どもの数(年少人口=15歳未満人口)が減っている。

 

日本の人口の推移

改めて・・・日本の人口の推移を確認。

厚生労働省_日本の人口の推移日本の人口の推移(厚生労働省HPより)

このグラフ、何を見れば良いか、何に注目すれば良いかと問われれば全てなのだが、

総人口、65歳以上人口、生産年齢人口、14歳以下人口、高齢化率(65歳以上人口割合)、生産年齢人口(15~64歳)割合、合計特殊出生率と何を取っても良いデータがない。

高齢化社会が叫ばれているが、医療技術・機器の発達で寿命が延びるのは良い事だ。

問題は合計特殊出生率が伸びずに、年少人口が増えないこと。

これでは日本の将来的な成長は見込めない。

 

世界に逆行する日本の人口指数 

日本の人口はネガティブであるが、この動きは世界と比較しても逆行している。

その最たるグラフがこちら↓↓↓

生産年齢人口の割合と従属人口指数生産年齢人口の割合と従属人口指数(内閣府HPより)

世界全体でも生産年齢人口は下がり始めているが、日本は群を抜いている。
(このグラフを見ると21世紀はアフリカの時代)

気になるのは従属人口指数である。

従属人口指数=(年少人口+高齢人口)/生産年齢人口

従属人口指数が100%ということは、生産年齢人口が総人口の半数しかいないことを意味する。

労働力のない社会と言える。

 

今の生産年齢を決定しているのは過去の年少人口。

今の年少人口は、15年後には生産年齢人口となる。

今の年少人口が少ないのだから、将来の生産年齢人口が増える訳もない。

 

今の子どもたちの為には、更にその下の代を育てる必要がある。

「子どもの日」は、子どもの為に出生率向上を考える日にしなければならない。

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link