HSBC香港のeStatement(口座取引明細書)が過去7年分インターネットバンキングでダウンロードできるようになった!

HSBCなど香港の銀行口座を持っている人は通帳はなく、インターネットバンキングと毎月メールで送られてくるeStatementで口座内の資金などを確認できるようになっている。

そのeStatement、過去7年分がインターネットバンキングからダウンロードできるようになった。

香港の銀行は7年間分のeStatement(口座取引明細書)がインターネットバンキングでダウンロード可能に!

HSBC香港は過去7年間分のeStatement(口座取引明細書)がインターネットバンキングでダウンロードができる、と言うより、出来るようになったというのが正解!

以前は2年分しかダウンロードできなかったのである。

HSBC香港 過去のeStatementsを確認する方法とは?過去2年分はインターネットバンキングでダウンロード可能!

(↑ダウンロードの仕方は変わっていないので、ダウンロード方法はこちらのコンテンツでご確認ください。)

過去7年分のダウンロードが出来るようになった理由だが、香港金融管理局からの要請があったようだ。

なので、HSBC香港だけに限った話ではなく、ハンセン銀行、スタンダードチャータード銀行、シティバンク、中国銀行etc、香港内の銀行ではインターネットバンキングで過去7年間分のeStatementがダウンロードできるはずだ。

 

香港では、会計年度末日より7年間、総勘定元帳や経理書類などの保存義務があり、これに則って各銀行に7年間のダウンロードができるように要求したのかなと思う。

(法人登記を抹消しても、7年間の保存義務あり。)

日本でも税務調査の対象期間は最長過去7年となっている。

税務での7年と言う数字にどんな意味があるのかはよく分からないが、今まで過去2年分しかダウンロードできず、それ以前の分は有料申請だったのが、無料で気軽にダウンロードできるようになったのは有難い話だと思う。

銀行からしたら、サーバーの負荷が増えてコストがかかっている事だろうが、クライアントからしたら良い話。

 

⇒ご質問等はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link