海外オフショア投資を知っていれば日本人の中では金融リテラシーが高いと言える!行動しなくちゃ意味がない!

海外オフショア投資の相談で「初心者なので・・・」で謙遜する方が多いように感じる。

誰もがみんな最初は初心者。

気にする事はない。

日本人で海外オフショア投資を知っている人は少ない!知っているだけで金融リテラシーが高いと言える!

日本にはない利回りや優れた特徴を持ったオフショア金融商品。

金融商品取引法により日本国内では営業や勧誘などができないので、オフショア金融について知っている人は少ない。

(自ら海外の正規代理店に連絡して契約すれば、何ら違法性はない。)

日本で行われている金融教育は、一昔前までは「銀行貯金が安心安全」であり、数年前から「貯蓄から投資へ」というスローガンが出てきたが、投資と言っても国内の株式投資などにお金を投入させ、日経平均株価を上げたいという政府の思惑があっての事に過ぎない。

(タンス預金を表に出させたいという考えもある。)

政府としては、海外に資産が流れていっては困る訳で、海外に優れた金融商品がある事が国民に知られると国内の金融機関が成り立たなくなることも恐れており、海外の金融商品の情報が知られないように努めているはずだ。

日本国内の銀行や生命保険会社などの金融機関は、日本国債を購入する為の大事なため池のようなもので、その池の水が枯渇させないようにしているのだ。

ため池の水は、銀行に預金していたり、生命保険の支払いをしている国民のお金。

日本国債は超低金利であるが、ため池の水のおかげで銀行や生命保険も超低金利なのでやっていける。

こうしたシステムにお金を置いておくメリットは何もないので、余裕資金は海外に出すべきである。

メリットがないどころか、将来的に日本円の価値が目減りしたら資産価値が減少するデメリットを抱えている。

日本政府は海外オフショア投資を知られたら困る。

裏を返せば、それだけ海外には優位性のある金融商品があるということだが、その存在を知っている日本人は少ない。

なので、海外オフショア投資の存在を知っているだけで、日本の中では金融リテラシーは周りの人よりも一歩も二歩も前進していると言える。

質問を頂く中で、「初心者なので…」と謙遜される方が多いが、周りの日本人よりチャンスを掴んでいる訳なので気にする事はない。

誰もが最初は初心者であるので、後は行動するだけ。

だが、海外オフショア投資を知っているだけでは、その恩恵を受けれない。

行動する事によって恩恵を受けられる。

問題はそのやり方である。

海外オフショア投資をどうして知ったかは人それぞれであるが、いわゆる紹介者を通して知る人も少なくない。

そうした紹介者はとある商品だけを必死に説明してくる傾向にあり、真の意味で海外オフショア投資を知っているとは言い難い。

また、海外の金融商品が故にアフターサポートも重要になってくるが、紹介者経由で契約すると、その紹介者がサポートを担当する事になるケースが多い。

そうした紹介者がどこまで、いつまでサポートをしてくれるかについてしっかりと考えた方が良い。

ストレートに言えば、紹介者を介して金融商品を契約するのではなく、海外にある正規代理店に直接連絡して契約すべきだ。

正規代理店と直接話ができれば、自分にあった商品を案内してもらえるので、真の意味でのオフショア投資に触れる事ができる。

もちろん、契約する際にはサポート体制についても聞いておかなくはならない。

どこかの誰かにサポートを丸投げするのではなく、正規代理店が直接サポートしてくれる組織である事が重要だ。

誰もが最初は初心者であるので、それほど気にしなくて良いと書いたが、それは気持ちの部分の話であり、最初の契約はとても重要である。

正しく契約できたか、問題がある契約をしてしまったかによって、後々大きな差となって表れてくる。

海外オフショア金融商品は、海外にある正規代理店に自ら直接連絡して話を聞いて契約をする事、正規代理店はアフターサポートを自社でしっかりと行っているところを選定する事だけを抑えておけば、間違いは起こらない。

 

⇒ ご質問や正規代理店の紹介依頼等はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link