日本人に特化したIFAを選択するのは有りか無しか?リスクを考えると多くの国にクライアントがいる正規代理店を選定すべし!

オフショア投資を行う際に最重要ポイントとなるIFA(Independent Financial Advisor)の選択。

日本人に特化したIFAを選択するのは有りなのだろうか?無しなのだろうか?

IFAの経営安定化を考えれば、多くの国でクライアントを抱えていた方が良い!

先ず、オフショア投資の契約をする時の基本からおさらいしておこう。

IFAとは香港なら香港の金融当局に登録されている正規代理店の事である。

契約時だけでなく、アフターサポートまで請け負う組織である。

そうしたIFAを介して商品を契約する事になる。

金融商品のプロバイダー – IFA – クライアント

金融商品のプロバイダーとは保険会社などの事であり、オフショア投資の場合は保険会社と直接契約するのではなく、IFAが間に入り、契約時や事後のサポートを請け負ってくれる。

ただし、これ以上の人を介する必要は全くない。

紹介者や紹介会社、国内の顧問投資会社などを介すると責任の所在が曖昧になったり余計なコストがかかるだけである。

IFAと直接契約するのが大鉄則。

その中で、日本人を受け入れているIFAを選定していくのであるが、サポート力に長けているところを選ばなければ契約後に安心できない。

自社でサポートを行わずに紹介者やどこかの会社にサポートを丸投げしているところもあるようだが、そうした人や会社がいつまでサポートを継続してくれるのかは全く不明で、実際に契約後に連絡が取れなくなったという事例は数多い。

自社でサポートを行ってくれるIFAを選択するのが大前提となるが、日本人顧客に特化したIFAだとリスクが生じる。

と言うのも、日本人はオフショア投資のプロバイダーから好かれている存在ではなく、徐々に日本人の新規受け入れを停止とする保険会社が出ている。

(なので、早め早めにオフショア投資商品に興味がある人は契約をすべきなのである。)

仮に日本人が新規契約できる商品が無くなってしまうと、そのIFAは売り上げが立たずにサポートに手が回らなくなってしまう。

後々のサポートを考えると、日本人だけでなく、多くの国にクライアントがいるIFAを選定すべきなのである。

オフショア投資は商品の選定以上にIFAの選定が重要とよく言われるのはこうした背景があるからだ。

日本市場、日本人以外のクライアントがどれ程いるか、確認してみた方が良い。

商品から入るのではなく、IFAを先ずは選定して、そのIFAに自分に合った商品を案内してもらうという方法がある事も併せてお伝えしておきたい。


⇒ ご質問やIFAの紹介依頼はこちらから。



★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link