生命保険は掛け捨てと貯蓄型のどちらがお勧め?海外では死亡保障と貯蓄性が両建てできる商品があるが、それが日本との金融格差と言える!

【限定1名】2020年12月6日(日)午前、福岡にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちらから!⇒ オフショア投資の相談希望者はいらっしゃいますか?

生命保険で、掛け捨て or 貯蓄型のどちらが良いかという議論が起こる時がある。

日本国内の生命保険の場合、掛け捨てはもったいないが、貯蓄型と言えど全く増えない事が議論の背景にある。

香港など海外オフショア生命保険には、もしもの時の死亡保障と貯蓄性が両立できるものがある!

掛け捨て型生命保険とは、死亡保障額に対する支払い保険料が低く抑えられている代わりに、何もなく満期を迎えたら返戻金は(ほとんど)戻ってこないタイプの金融商品。

一方、貯蓄型生命保険は貯蓄性を併せ持った生命保険であり、死亡保障額に対しての支払保険金は大きくなるが、途中で解約したり、 何もなく満期を迎えたら、解約返戻金を手にできる商品。

どちらが良いかと悩むかもしれないが、それは日本国内の金融商品を比較しているからだと思う。

掛け捨て型優勢、貯蓄型優勢と思っていても、海外のホールライフと呼ばれる生命保険を見たら、掛け捨てと貯蓄型のどちらが良いかと悩んでいたり議論していたことがバカみたいに思えてくるはずだ。

ホールライフとは貯蓄型生命保険の事である。

なぜ日本の生命保険会社が利回りを出せないのかと言えば、生命保険会社の実力ももちろんあるのだろうが、超低金利な日本国債を購入させられているからだ。

1%にも満たない日本国債がポートフォリオの半分近くあれば、利回りが出る訳ない。

日本は優良な金融商品を組成できるような環境ではないのである。

海外の保険会社はそうした縛りがないので、自由に商品を設計でき、4%程度の利回りを安定的に確保できる。

また、契約後に死亡保障額や解約返戻金が徐々に上がっていくのも日本の保険にはない大きな特徴だ。

日本の掛け捨て型の生命保険と同等額の死亡保障を海外の貯蓄型生命保険で設定したとする。

死亡保障額に対する支払保険料、契約当初は日本の掛け捨て型の方が優位であるが、長生きしていくと海外の貯蓄型生命保険の方が優位となってくる。

海外の生命保険は運用によって徐々に死亡保障額が上がっていくからである。

逆に、日本の生命保険は早く死ななければ意味がなく、長く契約するとインフレによって損してしまう可能性もあるのだ。

貯蓄性を見ても、日本の貯蓄型生命保険は満期近くで支払い金額を解約返戻金が超える事が多いが、海外の生命保険は契約後12~3年後にプラスに転じていき、その後もどんどん増えていく。

また、一部引き出しもできるので、老後の年金代わりに活用する事もできるのだ。

このように、海外の貯蓄型生命保険は日本国内の掛け捨て型、貯蓄型の両方を凌駕する商品設計になっている。

日本国内の生命保険で掛け捨て型と貯蓄型のどちらが良いかと検討・議論しているのであれば、視野を世界に広げ、いち早く行動する事をお勧めしたい。


⇒ ご質問はこちらから。



★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link