資産移転・資産フライト

資産移転・資産フライト

タンス預金が山下財宝やM資金のような死に金になる前に対応を急げ!旧紙幣は眠らせておくと換金が難しくなり価値が激減する!

世界中には様々な理由で換金できない旧紙幣や採掘できない財宝が多く眠っているそうだが、日本には総額100兆円のタンス預金があると言われている。インフレの影響などもあり日本円の価値は減少しているので、タンス預金を放置すると死に金になってしまう。対応を急げ!
世界経済

海外永住者は年々増加中で30年で2倍以上!5フラッグ理論から生活拠点や資産運用をする場所など世界中の国や地域の使い方を考えよう!

海外永住者は30年間で約2倍に増えている。元々は富裕層やリタイア生活を送る人が多かったと思うが、最近は若者が日本の仕事環境に嫌気が差して海外に移住したがる傾向にある。5フラッグ理論を基に、世界中の国や地域をどう活用していくかを考える時代となっている。
資産移転・資産フライト

新札が発行されたら旧札はいつまで使えますか?日本国内では旧紙幣も使えるが海外ではどこかのタイミングで新紙幣だけに切り替わる!

新紙幣発行後、旧紙幣はいつまで使えるのだろうか?日本国内では意外と昔の紙幣も使用可能で、明治18年発行の旧壱円券も法的に使う事ができる。海外では複数の紙幣を取り扱う金融機関や両替商は少なく、どこかのタイミングで取り扱いが変更となるはずだ。
オフショア

億万長者だけが知っている雨の日の傘の借り方を読んだ感想レビュー!混乱の時代に国を頼らず資産保全する基本から応用までを学べる一冊!

「億万長者だけが知っている雨の日の傘の借り方」を読んだ感想レビュー!2003年に初版が発行されていて既に絶版となっているが、資産を保全する考えが学べる良書だと感じた。中古でしか購入できないが、初版よりも価値が上がっているのも納得できる一冊。
相続

タンス預金などの現金は誰の物か分からない!?サンライフ香港の窓口入金で家族の名義をフル活用して所有権を明確にしてみては?

政府は国民の資産を全て把握したい意向があるはずだ。新紙幣発行もタンス預金の銀行入金や換金をさせる事で国民個々人の資産を知りたいのだと思う。現金資産の所有権を明確にさせる思惑もあるはずで、どうせなら海外で資産保全を図りながら表に出した方が良いだろう。
日本経済

金利上昇させると日本銀行の破綻リスクが高まり金利を抑えたままだと円安が進行する!これぞ日本円リスクで資産は海外で保全すべし!

世界的に金利が上昇する中、日本は出遅れ感がある。だが、金利を上昇させると日本銀行の財政に影響を及ぼすなどあり、簡単に金利は上昇させられない。一方で金利を上げなければ円安は加速していくだろう。行くも地獄、戻るも地獄な状況こそ日本円リスクの表れだ。
資産移転・資産フライト

米国には10万ドル札があったようだが高額紙幣は資産移転が容易!?海外への資産逃避が閉ざされる前にキャピタルフライトでの対策を急げ!

資産保全させるには国境を越えた資産逃避・資産移転術が一つのキーファクターとなる。その方法としてはハンドキャリーや海外の保険会社の商品を活用したクレジットカードでの引き落としや銀行送金がある。こうした方法に熟知した日本人はとても少ないように感じる。
資産移転・資産フライト

新紙幣で資産逃避/資産移転は困難になるはずでこれも日本円リスク!?福沢諭吉現紙幣が海外で認識中の間にキャピタルフライトを急げ!

新紙幣発行の目的の一つとされるのがタンス預金の炙り出しだ。タンス預金で現金を保管していたら資産価値が激減するだけであり、日本円リスクも考えて海外に資産移転させるべき。だが、海外の銀行がどの紙幣を認識しているかを考えて行う必要がある。
オフショア

子供も大人も宿題・課題は〆切間近にやったら間に合わない!日本円リスクへの対応、資産保全や資産移転もお早めに。

学生時代に〆切ギリギリに宿題をやっていた人は社会人になってもタイムリミットギリギリまで対応しないのかもしれない。それで問題が起こらなければ良いのだが、オフショア金融センターの保険会社は突然受け入れを停止する傾向にあるので、興味あれば行動を急げ!
日本経済

国の運命と個人/家族の運命は切り離した自助努力が必要!日本・日本円に対するリスクヘッジの基本は国境を越えて資産を保全させる事!

人口減少・少子高齢化、増税、社会保障費の負担増、円安、インフレetc日本が抱える問題は多いが日本政府は対処できるだけの能力を持っていない。自分や家族の運命を国に委ねていたら危険だ。先ずは資産、そして自分や家族も国境を超えた対策を考える必要がある。