相続

生命保険

サンライフ香港やFTLifeの保険商品の満期は何歳?100歳/120歳/128歳とあるが契約者や被保険者を何度も変更して引き継げるプランあり!

サンライフ香港やFTLifeの保険商品の満期(保証期間)についてまとめてみた。100歳、120歳、128歳など商品によって満期は異なっているが、契約者や被保険者を何度も変更可能で半永久的に証券を継続でき、資産承継プランと言える商品もある。
相続

7月29日は永くつながる生前整理の日!家族が集まりやすいタイミングで相続や資産承継について考えてみよう!

7月29日は永くつながる生前整理の日。お盆になれば家族も集まるので夏は終活にピッタリの季節かもしれない。遺族が困らないように資産承継についても真剣に考えるべきだが、相続税が高く優れた金融商品がない日本だけで対策するのは大変だ。
相続

出資持分あり医療法人の承継・相続税対策!海外オフショア籍の保険商品を活用すると資産圧縮効果で節税可能!

出資持分あり医療法人を承継する時には相続税が発生する。資産価値が高いと相続負担も大きくなるので、資産価値を如何に圧縮させるかが大きなポイントになってくるはずだ。海外の保険商品で3年目の解約返戻金率が3%程度(97%の圧縮率)のプランがあったりする。
相続

4月27日は つなぐ日!上手く相続して資産継承していこう!家族が集まるゴールデンウィークにお金の話をしてみよう!

4月27日は「つなぐ日」で相続について考える日である。遺される家族の事を考えれば、相続対策はしっかりすべき。それ以前に、日本の政治・経済の状況を見れば、日本に余裕資金があるのなら、早めに海外に資産移転をした方が良いと思う。
相続

福沢諭吉1万円札を大量にタンス預金している人は対策を急げ!相続税対策にはなりにくく2024年以降は新紙幣発行で使い辛くなる可能性大!

自宅に大量の福沢諭吉紙幣をタンス預金している人がいるようだ。2024年に渋沢栄一紙幣になると換金し辛くなり死に紙となってしまう。早めに対処した方が良いが、相続対策なども含めて、海外の利回りが高い貯蓄型保険商品を契約するのがお勧めの方法と言える。
相続

相続税を多く徴税したい日本政府のコントロール下にある銀行や生命保険で満足できる相続対策・資産承継スキームを組む事はできない!

日本は相続税率が高い国であるが、銀行や生命保険会社が提供する商品で優れた相続対策プランがある訳ではない。袋小路となってしまうが、海外に目を向けると相続税がない国や地域が提供している商品で相続税対策できる商品があったりする。
相続

12月13日は師走に遺産(相続)を考える日!年末年始に家族が集まるタイミングでお金や資産承継の話をしてみよう!

12月13日は「師走に遺産(相続)を考える日」となっている。日本は相続税率が高いがあまり遺産相続についての話し合いをしない。お金の話をする事がタブーな雰囲気があるが、お子さんやお孫さんの為に如何にお金を遺すかを考えて話し合う事はとても重要だ。
オフショア

生命保険を法人契約し資産圧縮中に個人へ譲渡し損金算入!その後は被保険者/契約者を引き継いでいけば税金を納める事無く資産承継可能!?

法人から個人への譲渡可能で損金算入できる法人契約に興味を持つ経営者は多い。その後、契約者や被保険者が何度も変更が可能であれば、子子孫孫に亘って資産承継ができる。日本では考えられない話だが、オフショア金融センターである香港ではそうした商品が存在する。
相続

サンライフ香港のステラは相続対策での生前贈与・資産承継プランに最適!契約者や被保険者の名義変更や証券分割が可能な貯蓄型保険商品!

サンライフ香港社の貯蓄型保険商品「ステラ(Stellar)」は契約者や被保険者を何度も名義変更可能で証券分割をする事もできるので、相続対策での生前贈与や資産承継プランとしてとても有用。利回りもとても高いので、資産保全と資産運用が同時にできる商品となっている。
相続

11月15日は予防争族(相続)を考える日!遺族が揉めないように生前から行動しておこう!

11月15日は【予防争族(相続)を考える日】となっている。相続によって争族とならないように生前から対策をすべきである。日本は相続税が高い割に相続対策できる金融商品が見当たらない一方、相続税がない香港などはそうした商品が幾つもある。