相続

日本の相続税は世界トップクラスに税率が高い。その一方で遺産相続について真剣に考えている人は少ない。少しでも自分にお金を残すにはどうすれば良いか?投資でお金を増やす事を考えるのも重要だが、お金を残す・守ることを考えるのも重要である。

企業

役員退職金積み立てするなら海外生命保険を活用した方が良いのでは?利回りに優れ、もしもの時にも対応でき資産保全も可能!

小規模企業共済制度や国内生命保険会社が提案するプランで役員退職金積み立てを考えている中小企業経営者がいると思うが、海外生命保険を活用してはどうだろうか?退職金構築ともしもの時の対応が両立できるだけでなく、資産移転・資産保全も可能となる。
相続

外貨建て保険や変額保険は契約通貨が変更可能?海外には契約者や被保険者が変えられたり証券分割できるプランも存在し利回りも高い!

外貨建て保険や変額保険が人気のようだが良い商品なのだろうか?そもそも自由度がとても小さい。海外の貯蓄型保険商品は利回りが良いだけでなく、通貨の変更、契約者・被保険者の変更、証券分割など自由度が高く、日本人にとってもとても有用な商品となっている。
相続

4月27日は つなぐ日!上手く相続して資産継承していこう!家族が集まるゴールデンウィークにお金の話をしてみよう!

4月27日は「つなぐ日」で相続について考える日である。遺される家族の事を考えれば、相続対策はしっかりすべき。それ以前に、日本の政治・経済の状況を見れば、日本に余裕資金があるのなら、早めに海外に資産移転をした方が良いと思う。
不動産

相続税支払いで不動産や私財を売却しなくてはならないリスクがあるならば、海外生命保険などオフショア金融商品で対策すべし!

所有する現金よりも遥かに資産価値が大きな不動産を持っていて、相続時に不動産を売却しなくてはならないケースは多い。そんな時に活用できるのが生命保険だが、国内よりも海外の生命保険の方が相続対策としてしっかりと効果を発揮してくれる。
相続

タンス預金などの現金は誰の物か分からない!?サンライフ香港の窓口入金で家族の名義をフル活用して所有権を明確にしてみては?

政府は国民の資産を全て把握したい意向があるはずだ。新紙幣発行もタンス預金の銀行入金や換金をさせる事で国民個々人の資産を知りたいのだと思う。現金資産の所有権を明確にさせる思惑もあるはずで、どうせなら海外で資産保全を図りながら表に出した方が良いだろう。
相続

会社相続・事業承継で一時的に法人の現金価値を資産圧縮させて売却したい中小企業経営者は香港の貯蓄型保険商品が活用できる!

会社相続・事業承継時に資産を圧縮させて税率を下げたいと考えている中小企業経営者は多いと思う。海外には1~2年後の解約返戻金率が低い(≒資産圧縮率が高い)貯蓄型保険商品で被保険者を変更できる商品がある。そうしたプランは上手く活用できるはずだ。
相続

サンライフ香港のステラは相続対策での生前贈与・資産承継プランに最適!契約者や被保険者の名義変更や証券分割が可能な貯蓄型保険商品!

サンライフ香港社の貯蓄型保険商品「ステラ(Stellar)」は契約者や被保険者を何度も名義変更可能で証券分割をする事もできるので、相続対策での生前贈与や資産承継プランとしてとても有用。利回りもとても高いので、資産保全と資産運用が同時にできる商品となっている。
オフショア

サンライフ香港ステラ(Sun life hk_Stellar)の特徴や評価・評判、口コミは?法人契約可能で証券分割もできる貯蓄型保険商品!

2022年上市のサンライフ香港社(Sun life hk)の貯蓄型保険商品ステラ(Stellar)について商品特性や特徴をまとめてみた。日本の保険会社では提供できないような利回りになっているが、それだけでなく、資産承継などにも対応したプランとなっている。法人契約も可能。
オフショア

生命保険を法人契約し資産圧縮中に個人へ譲渡し損金算入!その後は被保険者/契約者を引き継いでいけば税金を納める事無く資産承継可能!?

法人から個人への譲渡可能で損金算入できる法人契約に興味を持つ経営者は多い。その後、契約者や被保険者が何度も変更が可能であれば、子子孫孫に亘って資産承継ができる。日本では考えられない話だが、オフショア金融センターである香港ではそうした商品が存在する。
相続

1月13日は遺言の意味を考える日!生前に終活・相続対策をしておき、スムーズに遺族に資産承継できるようにしておこう!

1月13日は「遺言の意味を考える日」となっている。1月は遺言など終活に関する記念日が多いが、遺言の意味とはなんだろうか?その一つにスムーズに資産を承継していく事が挙げられるが、相続税がとても高い日本では可能な限り生前に対応すべきと言える。