サンライフ

オフショア

サンライフ香港やFTLife、RL360やインベスターズトラスト等の海外保険会社の契約は健全にビジネスをしているIFA=正規代理店を選定せよ!

サンライフ香港やFTLife、RL360やインベスターズトラスト等の海外保険会社の契約はIFA=正規代理店が契約からアフターサポートまでを請け負う事になっている。直接クライアントと向き合いコンプライアンス重視で健全なビジネスを行っているIFAを選ぶべし!
オフショア

日本人が契約できる香港の生命保険会社の一覧まとめ!Sun Life(サンライフ)とFTLifeお勧めはどっち?

日本人が契約可能な香港の保険会社はSun Life(サンライフ)とFTLifeの2社だけとなっている。どちらが良いのだろうか?日本人を受け入れていて、サポート力があり、両方の取り扱いがある香港の正規代理店に聞いてみるのが一番だ。
未分類

海外オフショア保険などの投資商品の紹介者や仲介会社である事の証明は客観的にできず資格も必要な無意味な存在!IFAと直接契約すべし!

海外オフショア籍の保険商品や投資商品の契約で紹介者や仲介会社が正規代理店(IFA)との間に入ってくる事がある。そうした人や会社が正式な仲介者である客観的な証明はあるのだろうか?金融商品取引法に抵触する立場である人がほとんどで客観的な証明書など無いはずだ。
オフショア

IFA=正規代理店や紹介者・仲介会社が廃業/倒産/業務終了でオフショア投資難民にならない為に!サンライフ香港、FTLife、ITA、RL360etc

海外オフショア籍の保険商品・金融商品はIFA=正規代理店が契約からサポートまでを請け負うのが原理原則。IFAが倒産・破綻・業務終了したらIFAを移管すれば良いが、紹介者や仲介会社経由で契約し、そうした人や会社に何かあったらオフショア投資難民になってしまうので要注意。
生命保険

日本で保険に断られた人でも加入できる可能性がある海外オフショア金融センターの生命保険!サンライフ香港のライフブリリアンス等あり!

日本でも海外でも生命保険に加入する際には告知義務がある。この告知によって健康診断が必要であったり、加入可否が決定されるが、日本と海外の比較すると、海外の生命保険会社の方が受け入れ許容度が広い傾向にあるようだ。
オフショア

紹介者/仲介会社経由での契約やアフターサポート体制にしているオフショア投資のIFA=正規代理店はとかげのしっぽ切り作戦では?

オフショア籍の金融商品や保険商品はIFA=正規代理店が契約からアフターサポートまでを請け負う事になっている。紹介者や仲介会社が間に入るケースもあるが不要な存在である。紹介者や仲介会社は問題が起こった時にとかげのしっぽ切りとなる事を知るべし。
オフショア

オフショア投資の出口戦略(税金や受取方法)!他商品の保険料に移せる保険会社もあるがHSBC香港などの銀行口座を持っておいた方が良い!

オフショア投資の税金や受取方法などの出口戦略について質問・相談を受ける事があるのでまとめてみた。日本居住者は海外の金融商品の利益分は納税の対象となる。HSBC香港などのオフショアバンクを活用すると受け取りがスムーズで資産保全にもなるのでお勧めだ。
オフショア

海外オフショア籍の生命保険加入受け入れ最新況情報まとめ2024年版!サンライフ香港は日本など国外の法人契約を打ち切った!

海外オフショア籍の生命保険加入受け入れの最新情報をまとめてみた。サンライフ香港社は新商品を上市した一方で、香港とは関係ない法人での新規受け入れを停止した。ご自身の予算や考えでどのような商品・プランが良いかは直接IFA=正規代理店に聞いてみるべし。
オフショア

海外積立投資商品やオフショア保険商品の契約は10年以上日本人の受け入れやサポート実績があるIFA=正規代理店を選ぶべし!

海外オフショア籍の金融商品や保険商品はその特性上、10年以上契約を継続してこそ効果を発揮するようになっている。つまりは10年以上日本人の受け入れやサポートを継続しているIFA=正規代理店を選定する事が重要なのだが、残念ながらそうしたIFAは極僅かしかない。
オフショア

世界の保険会社時価総額ランキング!日本人を受け入れている海外のプロバイダーはほとんどないがオフショア金融センター香港にはある!

世界には日本とは比較にならないほどの保険商品があると言われるが、実際には世界にはどんな保険会社があるのだろうか?時価総額でのランキングを作成してみた。30位までのランキングの中で日本居住の日本人を受け入れてくれる海外の保険会社は極僅か。