生命保険

死亡保険金1,10,100億円の生命保険に加入する際の支払保険料は如何ほどか?プライベートバンクを活用すればお得に契約できる!

日本国内の生命保険で設定できる死亡保障は7億円と言われており、複数社を合わせても10億円がMAXのようだ。海外では1社で10億円、100億円と可能で、プライベートバンクを活用する事で持ち出し金額(支払金額)を低く抑える事が出来る。
オフショア

オフショア保険商品などで安心安全に資産価値を高めるにはIFA=正規代理店に予算や考えを知ってもらい投資プランを考えてもらう事が重要!

オフショア投資商品・保険商品はIFAと呼ばれる正規代理店が契約からアフターサポートまでを請け負う事になる。紹介者や仲介会社はそもそも不要な存在だが、そうした人たちはとある商品しか案内しない事が多い。自分の予算や考えをIFAに伝えて商品・プランを選ぶべし!
情報リテラシー

6月27日はメディア・リテラシーの日!金融リテラシーも上げていこう!

6月27日は「メディア・リテラシーの日」である。リテラシーと聞くと情報リテラシーや金融リテラシーという言葉が良く使われているが、金融リテラシーについて言えば、どこで情報を聞いたにしろ、正しいルートで正しい商品を契約する事に尽きる。
企業

役員退職金積み立てするなら海外生命保険を活用した方が良いのでは?利回りに優れ、もしもの時にも対応でき資産保全も可能!

小規模企業共済制度や国内生命保険会社が提案するプランで役員退職金積み立てを考えている中小企業経営者がいると思うが、海外生命保険を活用してはどうだろうか?退職金構築ともしもの時の対応が両立できるだけでなく、資産移転・資産保全も可能となる。
オフショア

日本人が契約できる香港の生命保険会社の一覧まとめ!Sun Life(サンライフ)とFTLifeお勧めはどっち?

日本人が契約可能な香港の保険会社はSun Life(サンライフ)とFTLifeの2社だけとなっている。どちらが良いのだろうか?日本人を受け入れていて、サポート力があり、両方の取り扱いがある香港の正規代理店に聞いてみるのが一番だ。
相続

外貨建て保険や変額保険は契約通貨が変更可能?海外には契約者や被保険者が変えられたり証券分割できるプランも存在し利回りも高い!

外貨建て保険や変額保険が人気のようだが良い商品なのだろうか?そもそも自由度がとても小さい。海外の貯蓄型保険商品は利回りが良いだけでなく、通貨の変更、契約者・被保険者の変更、証券分割など自由度が高く、日本人にとってもとても有用な商品となっている。
商品・サービス

今人気の変額保険ランキング!?利回りを比較すれば海外の貯蓄性保険商品の方が優位性があり国産分散投資で資産保全も可能となる!

日本の保険会社での売れ筋商品は変額保険だそうだ。保険会社が運用するとなっているが、インデックスやセクターを選ぶような形になっている。マイナスになる可能性もあるが保険会社はリスクを負う必要もなく売りやすいのだろう。海外の貯蓄型保険商品の方が良いと思う。
金融知識・金融教育

MMT=現代貨幣理論は日本国内だけであれば成り立つかもしれないが、為替など海外との取引があるとバランスを取るのは困難では?

日本の国債発行額は1,000兆円を超えていて、そのニュースが出る度にMMT理論が成り立つので問題ないという議論となる。MMT理論には円安とインフレという副作用があるので安泰できる理論とは言えないはずだ。顕在化しているその副作用に備えて資産保全を図るべし。
オフショア

サンライフ香港 日本居住の日本人の受け入れ停止!?正規代理店(IFA)が持つスキームであれば今でも契約可能だが法人は加入不可!

かねてから噂のあったサンライフ香港の日本居住の日本人受け入れは噂通りに2018年6月で打ち切りとなったが、完全に道が塞がれた訳ではない。正規代理店であるIFA(Independent Financial Adviser)が持っている特殊なスキームで契約できる方法がある。
貯蓄型保険

貯蓄型保険商品は自分の将来や老後資金の為か/子供や孫に資産承継する為か/法人の節税プラン目的で活用するかで契約商品が異なる!

貯蓄型保険商品と言えど、自分の為の将来資金・老後資金目的で活用するのか、お子さんやお孫さんの為に資産承継プランとして契約するのか、はたまた法人での節税・損金計上目的とするのかで契約すべき商品は異なる。どんな商品が当てはまるのかの例をまとめてみた。