海外駐在から帰国するけどそのお金を日本に戻したくないのなら、日本の住所では契約できないオフショア金融商品を契約するのも良い方法!

海外へ駐在していて日本に帰国する際、現地通貨を日本にお金を持って帰りたくないと考える人が多い。

日本円にしても意味がなく、海外に分散して資産が作れているのをわざわざ日本に戻すメリットは全くない。

“海外駐在から帰国するけどそのお金を日本に戻したくないのなら、日本の住所では契約できないオフショア金融商品を契約するのも良い方法!” の続きを読む

11月23日は生命保険に感謝する日であり分散投資の日!日本国内でこれらの記念日に相応しい運用はできる?

11月23日は日本の祝日である勤労感謝の日。

だが、この日は「生命保険に感謝する日」であり、「分散投資の日」でもあったりする。

“11月23日は生命保険に感謝する日であり分散投資の日!日本国内でこれらの記念日に相応しい運用はできる?” の続きを読む

天気予報の降水確率から学ぶ資産運用での対処法…どちらに転ぶか分からないのであれば対応すべきでは?

天気予報の降水確率、どの様に算出されるかご存知だろうか?

予想される天気図を過去の天気図と比較し、その時の降水情報を基に統計処理により確率が算出されている。

降水確率が高ければ傘を持っていくだろうし、中途半端な数字であれば折りたたみ傘をバックに入れるのではないだろうか?

“天気予報の降水確率から学ぶ資産運用での対処法…どちらに転ぶか分からないのであれば対応すべきでは?” の続きを読む

長友佑都の生き方から5フラッグ理論を考える!日本居住の日本人でも資産運用を行う国は選択できる!

サッカー日本代表サイドバックの長友佑都選手。

長く海外でプレーしている選手だが、彼のツイッターを見ていて、ふと考えさせられるツイートがあった。

“長友佑都の生き方から5フラッグ理論を考える!日本居住の日本人でも資産運用を行う国は選択できる!” の続きを読む

40代サラリーマンの為の資産運用口座!60歳までの時間を有効に使えるのはあと10数年!

11月4日は「40祭の日」である。

40歳は成人式×2回の年齢であるが、もう1回20年経つと60歳となり定年退職となる人も多いだろう。

“40代サラリーマンの為の資産運用口座!60歳までの時間を有効に使えるのはあと10数年!” の続きを読む

承継と継承?言葉の使い分けはさておき、次世代に事業や資産を受け継げるようにしておこう!

承継と継承、この言葉の使い分けはご存じだろうか?

言葉の使い分け以上に、事業や資産をどのように次世代に引き継いでいく事の方が重要だ。

“承継と継承?言葉の使い分けはさておき、次世代に事業や資産を受け継げるようにしておこう!” の続きを読む

日本でもデノミネーションが起こる可能性はある?ない?資産分散のすゝめ!

南米ベネズエラでデノミ(デノミネーション)が実施されたようだ。

急激なインフレによって混乱した通貨単位を切り下げて、経済の安定化を図る事が目的のようだ。

“日本でもデノミネーションが起こる可能性はある?ない?資産分散のすゝめ!” の続きを読む

受け取った生命保険金を数年で溶かしてしまう日本人!計画性の無さだけでなく再投資できる商品がない環境も問題では?

日本の生命保険、3000万円以上と多額の保険金を受け取った3分の2の人が、お金を溶かしてしまう結果となるそうだ。

計画性の無さも問題だが、それだけでなく日本の金融商品の欠点も露呈していると思う。

“受け取った生命保険金を数年で溶かしてしまう日本人!計画性の無さだけでなく再投資できる商品がない環境も問題では?” の続きを読む

毎年配当型商品もいいけれど、複利で積立投資を行った方が良いと思う理由とは?

投資の話をすると年利●%ですか?と、そこだけを気になる人がとても多い。

リターンを気にするのは当然だと思うが、その利回りをどう考えるかもポイントだ。

毎年配当型投資商品よりも積立投資の方が投資スタイルとしてはやはり自分に合っているなと改めて最近感じる。

“毎年配当型商品もいいけれど、複利で積立投資を行った方が良いと思う理由とは?” の続きを読む

オフショア投資最低投資額1万円で運用できる事はメリットなのか?

オフショア投資、商品によっては月1万円から行える積立商品もある。

人によっては最低金額が低いことがメリットと感じる人もいるようだが、金額が低ければそれだけデメリットが増える。

“オフショア投資最低投資額1万円で運用できる事はメリットなのか?” の続きを読む