主婦やOLなど女性向け投資セミナーやお金の勉強会は人気があってお勧めできる?女性がお得になる金融商品って何がある?

インターネットを見ていると、女性向けの投資セミナーやお金の勉強会が数多く出てくる。

主婦向けやOL向けetc

女性をターゲットにする理由は何かあるのだろうか?

投資セミナーやお金の勉強会で女性をターゲットにする理由とは?

先ず初めに書いておくと、女性がお得に契約できる金融商品は存在する。

それは、生命保険である。

生命保険料の算出には余命率が関わってくるが、男性よりも女性の方が同じ年齢での余命率(≒寿命)が長いので、その分お得に生命保険に加入できる。

また、同じ観点でいくと、年齢が若ければ若いほどお得に生命保険を契約できる。

生まれたての赤ちゃんの時に生命保険に加入するのが良い!と考えると主婦向けの話と言えなくもない。

(もちろん、父親向けの話でもある。)

とは言え、日本国内の生命保険は利回りがほぼないので意味がないのだが…

海外オフショア生命保険を子供時点で加入すると驚異のパワー!5歳児と30代のシミュレーション結果はこれだ!

では、なぜ主婦やOL向けの投資セミナーやお金の勉強会が開催されるかと言えば、単なる雰囲気だと思う。

こうしたセミナーやお金の勉強会は男性臭い空気があるので、女性が入り辛い傾向にあるはずだ。

それ故に女性、更には主婦やOLなどとカテゴリーを区切って集客するのだろうが、その中で話している事は特別な事でもないだろう。

講師も女性であると安心と感じてしまうかもしれないが、その人の本質を見抜かなければならない。

講師をしても良い人材であるのか?金融知識は豊富にあるのかどうか?契約満期まで面倒を見てくれるのかどうか?etc

もし、こうした投資セミナーやお金の勉強会で海外金融商品の勧誘や営業をしていたら、そうした事を行っている人たちは法令違反となるので要注意。

海外の金融商品は海外にある正規代理店に自ら直接問い合わせて注文する事だけが合法化されている。

また、投資セミナーやお金の勉強会で海外の金融商品を聞いても、結局は海外の正規代理店経由で契約を行う事になるので、セミナー講師や主催会社を間に挟んで契約すると無駄に関与する人や会社が増えてコストが増えるだけである。

更に言えば、こうした流れで契約すると、セミナー講師や主催会社がアフターサポートを請け負うケースが多いのだが、契約満期まで責任を持ってサポートしてくれる可能性はとても低い。

関わる人や会社が増えれば責任の所在も曖昧になってくるデメリットも存在する。

海外の金融商品に限って言えば、直接正規代理店に問い合わせて、ご自身やご家族のお考えやご予算に合ったプランを相談してみるのが一番だ。

特に投資セミナーやお金の勉強会を介す必要性は全くない。

海外の正規代理店と言えど、日本人スタッフがいるところもあるし、自ら責任持ってアフターサポートを行ってくれるところを選択すべきである。

LGBTが声高に叫ばれている現代社会、投資の世界でも男女平等な感覚で接する事が重要だと思う。

ただし、LGBTではないが日本と海外の投資環境は平等ではない。

それは冒頭で紹介した生命保険の話に通ずる話である。

投資・資産運用では男女格差ではなく世界の金融格差を把握し、優れた投資環境を如何に活用すべきかを考えるべきだ。

日本人に必要なのは、男女間の差よりも海外との金融格差を知ることであるはずだ。

 

⇒ ご質問やご相談はこちらから。

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link