リスクオフの観点で日本国内に日本円だけを所有するのではなく、海外で安全性の高い米ドル資産を持ちたがる富裕層・資産家が増えている!

リスクヘッジとかリスク対策という言葉は良く見聞きすると思うが、「リスクオフ」という言葉は聞いた事があるだろうか?

リスクオフとは、投資家がリスクを回避するようになり、より安全な資産に資金が向かいやすい相場状況を表した金融用語。

投資先をリスクの高い金融商品から、リスクの低い金融商品(安全資産)に移す動きのことを指す。

今の日本、そうした状況になっているような気がする。

日本・日本円そのものがリスクが高いと感じ、資産保全の為に資産移転を考える富裕層・資産家が増えている!

人口減少・少子高齢化が進む日本。

今後、その傾向は更に顕著になっていく。

2055年には日本の総人口は1億人を割り込むと予想されており、高齢化率(65歳以上人口割合)は40%近くになる見込みだ。

人口減少・少子高齢化が進む国で経済が上向く事は考え難い。

逆に多額の社会保障費が必要となってくるので、日本は厳しい状況に置かれている。

そして、コロナウイルスを巡る政府の対応を見ていて、「この国は大丈夫か?」と思う人が増えているように感じる。

人口減少・少子高齢化にしてもコロナウイルスなどの対策にしてもお金が必要だ。

日本には国債発行という得意技があるが、どこかのタイミングで増税しないと賄いきれないはずだ。

最悪のケースでは預金封鎖からの財産税徴収などと言った事も囁かれているし、そこまで極端な事が行われなくとも、インフレが起こり、日本円の価値が下がっていく事は大いに考えられる。

富裕層・資産家を中心に日本国内だけに資産を所有するリスクを感じる人が増えていて、冒頭に説明したリスクオフの動きをしている人が多いのだ。

日本や日本円そのものをリスクの高い金融商品と捉え、海外で米ドルや米ドル建ての金融商品を購入をしている富裕層・資産家が増えているように感じる。

とは言え、今はコロナウイルスの影響で海外に渡航する事ができないので、海外に銀行口座を開設する事は物理的にできない。

富裕層・資産家が何をしているかと言えば、日本国内にいながら契約できる海外の米ドル建て金融商品を契約して、自分は海外に行かずとも資産だけ海外に逃避させる資産移転(キャピタルフライト)を行っているのだ。

海外には利回り4%程度で運用されている金融商品がある。

リスクオフで海外に資産を送ったとして、仮に日本円が安泰であったとしても、4%の複利運用で資産は増えていくのでマイナスになる事がないどころかプラスになるメリットがある。

リスクオフで資産保全を考えつつ、資産を増やしていけるのだ。

問題は海外のこうした金融商品はいつまで日本居住の日本人を受け入れてくれるか分からないこと。

定期的に日本居住の日本人を受け入れ停止にするプロバイダー(保険会社などの商品提供会社)が表れる。

某総理の言葉でないが、先手先手で対応していかなければ、気付いた時には時既に遅しとなっているかもしれない。

 

*ご質問はこちらから。

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link