海外の生命保険は死亡保障額が増加していく事も大きな特徴!物価上昇にも対応できる!

日本の生命保険、契約時に設定された死亡保障の数字は固定されている。

この為、将来的に物価上昇が起これば実質的な資産価値はマイナスとなってしまうので、日本の生命保険は早く死ななければ意味がないと言われてしまう。

“海外の生命保険は死亡保障額が増加していく事も大きな特徴!物価上昇にも対応できる!” の続きを読む

オフショア生命保険の加入方法や税金についてのまとめ!

ここ最近、香港などで加入できるオフショア生命保険に興味を持っている人が増えているようだ。

簡単にオフショア生命保険についてまとめてみたい。

“オフショア生命保険の加入方法や税金についてのまとめ!” の続きを読む

香港籍の金融商品を信託会社などを挟んで渡航せずに契約する方法はお勧めできるのか?

香港籍の金融商品は、香港内でしか契約ができない。

日本に居住していれば香港に渡航する事になるのだが、香港に行かずとも信託会社を間に挟む事により渡航せずとも契約できると説明している人がいるらしい。

この方法はお勧めできるのだろうか?

“香港籍の金融商品を信託会社などを挟んで渡航せずに契約する方法はお勧めできるのか?” の続きを読む

サンライフ香港契約に必要な書類とは?日本語の住所証明でOKで住民票でも大丈夫!

オフショア投資は海外籍の金融商品。

その為、英語での身分証明が必要な事が多いが、生命保険で有名なサンライフ(Sun Life)香港は日本語の身分証明だけで契約できる。

“サンライフ香港契約に必要な書類とは?日本語の住所証明でOKで住民票でも大丈夫!” の続きを読む

サンライフ香港の生命保険、被保険者18歳未満であれば契約者だけが渡航すればよい!

香港などのオフショア地域には、日本にはない魅力的な金融商品が多い。

生命保険もその中の一つと言える。

オフショア金融商品の中には郵送で契約できるものもあるが、生命保険の場合、日本にいながら契約できる商品は見当たらない。

“サンライフ香港の生命保険、被保険者18歳未満であれば契約者だけが渡航すればよい!” の続きを読む

サンライフ香港のユニバーサルライフ保険商品”BRIGHT UL Eternal Builder”が発売開始!

生命保険は2つの種類に大別される。

一つは貯蓄が付いた運用タイプのホールライフ(Whole Life)で、もう一つは掛け捨てタイプで相続に重きを置いたユニバーサルライフ(Universal Life)。

オフショア生命保険ではホールライフ(Whole Life)商品を提供しているサンライフ香港(SunLife hk)が日本人には有名だが、このサンライフ香港からユニバーサルライフ商品であるBRIGHT UL Eternal Builderが発売となった!

“サンライフ香港のユニバーサルライフ保険商品”BRIGHT UL Eternal Builder”が発売開始!” の続きを読む

Pacific Lifeパシフィックライフなど米国の生命保険が日本居住者は契約できなくなったという話。

日本人でも契約が可能であるユニバーサル生命保険を提供しているPacific Life(パシフィックライフ)社であるが、日本に居住している限りは契約が不可能になってしまった。

“Pacific Lifeパシフィックライフなど米国の生命保険が日本居住者は契約できなくなったという話。” の続きを読む

FPと生命保険営業は同じもの?金融知識を持った人たちと言えるのだろうか?

知人がFPになりたいと言ってる。

同時に、どの保険会社の社員になろうかと言っている。

この彼、実際には何になりたいのだろうか?

“FPと生命保険営業は同じもの?金融知識を持った人たちと言えるのだろうか?” の続きを読む

日本の生命保険は金融庁にコントロールされており、どの会社でも大差なし!

社会人になると身近なところから生命保険に勧誘されたり、会社の正門で待ち構えているセールスレディに捕まったりして、生命保険に加入してしまうケースが多い。

そして、数年後に生命保険を見直す事を考える人が多いと思うが、果たしてそれほど差があるのだろうか?

“日本の生命保険は金融庁にコントロールされており、どの会社でも大差なし!” の続きを読む