国内生命保険の見直し相談!?海外オフショア投資に目を向けていると結果的に比較できてしまいその差は明らか!

日本国内の生命保険の営業マンは、他社契約者の保険見直し相談からの乗り換えで顧客を奪い取るケースも多いと思う。

だが、国内の生命保険で乗り換えたところでそんなに差があるのだろうか?と私は感じる。

海外生命保険に目を向けると自然と国内生命保険の見直しとなる!

国内の生命保険ははっきり言って利回りが悪い。

その理由は、日本の生命保険会社は超低利回りな日本国債を購入させられていて利回りの良い商品設計ができないからだ。

その為、どこも横並びでどんぐりの背比べみたいな感じになっていて、その差が分かりにくい。

分かりにくさの話をすると、商品概要が複雑に構成されていて、なかなか理解できないものも多い。

プレゼンと同じで、生命保険はシンプルな構成にしておいた方が分かりやすいと思う。

複雑にして凄い商品だと錯覚させようとしているのかなと感じてしまうが、これもプレゼンと同じで、実際には相手には伝わりにくい。

生命保険の必要性を感じたものの、その利回りの低さに辟易としてしまう人も多いと思うが、視野を海外に広げて考える人もいる。

今現在、日本国内の生命保険を契約していて、海外オフショアの生命保険を知ったのならば、自然と比較が出来て見直しとなるはずだ。

その差は、とても分かりやすく認識ができる。

日本国内の生命保険は利回り1%も出ないものがほとんどだが、海外では4%程度で回っているものが多い。

複利運用されていくので、長期契約となる生命保険は将来的にとても大きな差となっていく。

貯蓄型生命保険であれば、将来の年金代わりとしても活用できるメリットがある。

私が生命保険の見直し相談を受けている訳ではないが、海外生命保険の正規代理店でシミュレーションをお願いしてみれば、自然と見直しや比較ができる。

海外の生命保険は海外の正規代理店で契約から事後サポートまでをお願いする事になるので、海外の生命保険に興味があり、そのシミュレーションを知りたければ直接海外にある正規代理店に連絡してみる事をお勧めしたい。

見直しという部分もあるが、子供を死亡時の受け取り人してその商品概要を伝えていけば、とても良い金融教育になる。

日本は金融リテラシーが低いと言われているが、金融知識がついて日本国内の生命保険が売れなくなると日本国債の買い取り先がなくなってしまうので、日本政府は金融教育を行わない(行えない)という背景もある。

大事な資産を守って行く為には、国のそうした政策に流される事無く自分自身で知識を蓄えていく事が重要となってくる。

 

⇒ ご質問や正規代理店の紹介依頼はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link