中小企業経営者/社長/オーナーのお金の悩みは資産保全の方法では?オフショア籍の一括保険商品や海外積立投資で資産移転をすべき!

2021-2022年末年始in愛知
2022年1月3連休in東京!
オフショア投資の相談希望者は
いらっしゃいますか?

相談希望者はここをクリック!

中小企業の経営者や社長、オーナーとお話する機会も少なくない。

良い意味でも悪い意味でも様々な悩みを抱えているようだが、その中でもやはりお金に関する悩みは多くの部分を占めているように感じる。

お金・資産保全の悩みを解消させれば未来は明るくなるのでは?

中小企業経営者の悩みは尽きないだろう。

売上拡大、コスト削減、人材教育etc

そんな中で私がアドバイスできるのはお金の分野であるが、内部留保を抱えていて、どのように資産保全をしようかと悩んでいる経営者も少なくない。

内部留保があるという点で良い悩みだと思うが、日本でそうした資金を保全しようにもそうした環境にない。

生命保険会社などが手を変え品を変え様々な提案をしてくると思うが、良くて節税レベルの話だと思う。

節税プランも金融庁や国税庁に目を付けられていて、うま味のある商品を組成できる環境ではなくなっている。

これこそが日本の金融に関する環境だと言える。

では、海外に目を向けてみたらどうだろうか?

法人で契約でき、日本にいながら資産を海外に移せ、米ドル建てで利回り4%程度で運用される金融商品があったりする。

資産保全しながら資産価値を向上させていく事ができる。

日本で内部留保させる資金があるのなら、安全の為にも資産価値向上の為にも有用な方法であると言える。

自分がもしもの事があっても資産を会社や遺族に残す事ができたり、役員退職金として活用したりと、将来を見据えて運用ができる。

また、損金算入して節税を考える経営者もいる。

 

日本には日本円リスクもあり、日本国内に資産を置いているだけではリスクがある。

それでいて資産価値が向上するプランがある訳ではない。

つまりは、日本国内に内部留保させておく理由は見つからない。

だからこそ経営者の悩みとなるのだろうが、上手く海外を利用すればその悩みは解消させられるはずだ。

先ほど書いた利回り4%程度の金融商品を5年などの短期で支払い、先ずは今ある資産を資産移転・資産保全させ、その後にも利益が出ると見込まれるのであれば、海外積立投資商品を活用して更に資産移転を進めていく経営者もいる。

何もせずに日本国内に内部留保を貯め込んでいく経営者と、海外を視野に入れて行動する経営者では数年後、数十年後にとても大きな差になっていくと思う。

中小企業の役員退職金を海外生命保険等のオフショア金融商品で構築している経営者も少なくない!損金算入×運用利回りの両方を考えられる!

⇒ ご質問やご相談はこちらから。

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link