広域強盗事件ルフィ対策!?高齢な両親が詐欺/盗難に遭わない為にタンス預金は海外オフショア香港の米ドル建て貯蓄型保険商品で資産保全!

貯蓄型保険

オフショア投資相談会ゴールデンウィークin広島&愛知 開催!
2024/4/30(火)~5/2(木)in広島、5/2(木)~5/6(月・祝)愛知

フィリピンを拠点に日本全国をターゲットにした連続強盗事件が発生している。

4人の男が日本に送還されて取り調べを受けているが、まだ他の指南役がいるかもしれない。

こうした犯罪は複雑化されていて、新たな手口が生まれてくる可能性もあるだろう。

自宅に資産があると狙われる!?高齢の両親のタンス預金は米ドル建ての貯蓄型保険商品で資産移転・資産保全すべし!

この広域強盗事件、どこかから入手した資産や納税状況などの個人情報が列挙された富裕層・資産家らの「闇名簿」を基に襲撃先を決めていたようだ。

自宅の間取りまで出回っていたそうで怖い話である。

フィリピンにいて、自らは手を掛けずに犯罪を犯すという事自体がインターネット・スマホ時代の犯罪だと感じるが、それを可能にしてしまっているのが闇名簿の存在だと思う。

平成17年(2005年)4月に施行された個人情報保護法により、個人情報が世に出回る事は減少したものの、それは表の世界であって、裏の世界では闇名簿が出回っているから恐ろしい。

規制が厳しくなればなるほど、闇取引となってしまうのは恐怖と言える。

こうしたニュースを見て、対策を考えなければと思っている人もいる事だろう。

自分の資産よりも、高齢な両親が心配だと感じている人もいるようだ。

この犯罪のベースになっているのがオレオレ詐欺的な部分もあり、高齢者が騙されないようにする事が基本となる。

高齢の両親への注意喚起や教育が先ずは重要と言える。

そして、強盗事件にしてもオレオレ詐欺にしても、その対策の一つとして自宅に資産・現金を無駄に置かないという事が挙げられる。

自宅に資産がなければ闇名簿に載る確率は下がるので強盗事件のターゲットにならないだろうし、オレオレ詐欺のような電話が掛かってきても、現金がなければ振り込む事は出来ない。

生活費レベルの現金はもちろん必要であるが、巨額の現金をタンス預金で置いておくべきではない。

そもそも、こうした犯罪はともかくとして、日本円を自宅に置いていても資産価値は増えないどころか目減りしてしまう。

円安やインフレが進んでいる状況で、日本円と言う紙切れを自宅に保管していたら価値が下がっていくばかりだ。

お金・紙幣と言えど腐ってしまう。

そして、そうした紙切れが大量にあると犯罪のターゲットになってしまうなど、良いことなど何もない。

だからと言って日本国内の銀行口座に預金しても、同じように資産価値は上がらずに下がるばかりだ。

日本国内の保険会社が提供するプランでも、まともに利回りが出る商品はほとんど存在しない。

ではどうすれば良いかと言えば、海外の金融立国・オフショア金融センターと呼ばれる国や地域の金融商品・保険商品を活用して資産保全を図りつつ、資産価値向上を目指せばよい。

例えば、サンライフン香港と言う保険会社が提供する米ドル建ての貯蓄型保険商品であれば、日本にいながら契約が出来て、資産を海外で米ドルとして所有できる。

”SunGift”という商品を例に解説をしてみたい。

サンライフ香港SunGift(サンギフト)は貯蓄性保険商品!利回り約7%で資産保全/資産運用/資産承継プランとして評価できるのでお勧め!
サンライフ香港の貯蓄型保険商品SunGiftの商品概要や特徴のまとめ。利回り約7%で運用されているだけでなく、契約者や被保険者の変更や証券分割も可能となっていて、資産承継プランとしても評価できる。日本の保険会社では提供できないプランと言えるだろう。

先ず、この商品を契約する事により、資産移転による資産保全が可能となる。

資産は保険証券として所有する事になるが、強盗に保険証券を持っていかれたとしても、強盗は現金化など何もできないだろう。

保険証券が盗難に遭った場合、保険会社や正規代理店に頼めば対処してくれるはずだ。

この商品は2年払いであれば80歳まで、5年払いであれば75歳までの契約が可能となっている。

なので、80歳までの親の資産であれば対応可能となっている。

また、資産保全ができるだけでなく、資産価値向上を図る事もできる。

この商品の利回り(解約返戻金÷支払保険料)は以下のようにシミュレーションされているのだ。

◆10年目:130%
◆15年目:171%
◆20年目:261%
◆25年目:346%
◆30年目:557%

長期的に利回り6~7%で運用される事になっている。

日本国内に資産を置いていても資産価値が増える事はないが、海外のこうした保険商品を契約する事により資産保全だけでなく資産価値が高まっていくのだ。

更に、この商品は契約者や被保険者を何度も変更可能という特性も併せ持っている。

この特性を使うと、契約は両親がしておいて、その後に名義をお子さんやお孫さんに変更する事によって資産承継を行う事ができるのだ。

もっと言えば、証券の分割も可能なので、お子さんやお孫さんの人数に合わせて証券を分割する事もできたりする。

 

今回ご紹介した商品以外にも、香港内であれば毎月配当がもらえるプランもあったりする。

(次回のコンテンツで紹介! ⇒ 詐欺/盗難/強盗事件対策!高齢な両親の資産はサンライフ香港のVisionで配当(年金)受給してから契約者・被保険者を名義変更して資産承継!

こうした商品を使って年金対策とする事も可能。

オフショア金融センター香港には日本人にとって有効なプランが多い。

日本に資産(現金)を置いておくと資産価値が下がる以外に詐欺や強盗に遭うというリスクもあるので対策をすべきであるし、対策する事によって資産価値が上がればこれほど嬉しい事はないと思う。

こうした商品に興味があれば、香港の保険商品を取り扱っている正規代理店に連絡して相談してみてもらいたい。

香港の会社が正規代理店となるが、日本人スタッフがいる正規代理店もある。

日本人の受け入れやサポート実績が豊富なところであれば、契約後も安心する事が出来るだろう。

 

⇒ ご質問やご相談、正規代理店の選定でお悩みの方はこちらから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました