利回りの良い生命保険を子供や孫を被保険者、親や祖父母が契約者で加入するのは良い戦略!

生命保険は子供を被保険者にして、親が契約者として加入ができる。

若く加入した方が保険料は安くなり、利回りが良ければ複利運用によって費用対効果がとても良くなる利点がある。

利回りの良い生命保険を子供や孫を被保険者、親や祖父母が契約者で加入するのは良い戦略!

子供が被保険者、親が契約者で生命保険に加入する際、ポイントになるのは年齢と利回りだと思う。

先日、以下のようなインターネットの記事を見つけた。

「私が死んだときにお金を残せる保険に入るから来てほしい」。2016年、山口県の50代女性は北九州市に住む父親(84)に呼ばれ、契約書類にサインした。郵便局員は女性に健康状態を尋ねただけで「これで安心ですね」と話した。だが昨年6月、父親が糖尿病などで入院したのを機に保険を調べると、女性の死亡時に父親が200万円を受け取る契約になっていた。

父親は契約内容を理解しておらず、妹にも同様の保険を掛けていたため、すぐに解約。結果として2人分で約7万円の損失が出た。女性は「重要事項すら理解していないのに契約させるなんておかしい」と憤る。

福岡県の50代男性は1月、80代の両親宅で子ども3人と孫2人を被保険者にした5件の保険証書を見つけた。母親は「局員から『貯蓄になる』と言われ契約した」と説明。いずれも10年後が満期の養老保険で、5人分の総支払額約3500万円に対し、満期金は3150万円だった。男性は「貯蓄とはほど遠い内容だ」と契約無効を求めている。

神奈川県の80代女性は17年、局員から「相続税対策になる」と勧められ、次男を被保険者とする契約を結んだ。実際は約860万円を支払い、次男の死亡時に女性が500万円を受け取る終身保険だった。返金は拒否され、仕方なく解約。約40万円の損失が出た。

山口県の女性(78)は09~16年、子や孫9人を被保険者とする19件の保険契約を結んだ。昨夏、長男が気付き、かんぽ生命に抗議。かんぽ側は1月に全額返金する意向を示したという。

⇒ 「おかしい」かんぽ、全国で不自然契約 84歳父が50代娘に死亡保険

そもそも、70代、80代の高齢者が被保険者として生命保険に入るとなった時点でおかしいな、と感じるべきだと思う。

だが、子供が契約者、親が契約者となり生命保険に加入するのであれば、それは間違いではない。

子供は若ければ若い方が良い。

生まれたの赤ちゃん、0歳児がベストである。

それは何故なら、生命保険の保険料は平均余命が関係してくるので、最も平均余命(寿命)が長い0歳児の保険料は安くなる。

利回りが良ければ、長く複利運用できるというメリットも加わってくる。

日本の生命保険のように利回りが低いと複利運用の効果はほとんど望めないが、例えば利回り4%あるような海外の生命保険を72の法則に従って計算すると、その価値は18年後に2倍、36年後に4倍、54年後に8倍、72年後に16倍、90年後に32倍となる。

仮に支払保険料が50,000米ドルだったら、18年後に100,000米ドル、36年後に200,000米ドル、54年後に400,000米ドル、72年後に800,000米ドル、90年後に1,600,000となる計算。

(もちろん、机上の数字であるので、興味がある人は正規代理店に問い合わせてもらいたい。)

また、海外の生命保険では一部引き出しが可能な商品もあり、お子さんの教育費や結婚資金などに活用する事もできる。

更に言えば、生命保険の名義変更には相続税がかからないので、お子さんが大人になった時に契約者自体もお子さんに変更してあげればとても良いプレゼントになるはずだ。

お子さんやお孫さんを被保険者に、親や祖父母が契約者として加入する生命保険、商品を選べばとても良い戦略となってくる。

海外オフショア生命保険を子供時点で加入すると驚異のパワー!5歳児と30代のシミュレーション結果はこれだ!

⇒ ご質問はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link