サンライフ香港が日本法人受け入れ終了!?役員退職金や損金算入などの代替策はFubonやFTLifeのオフショア保険商品か?

生命保険

日本人を受け入れているオフショア金融センターの保険会社として有名なサンライフ香港社(Sun Life Hong Kong)。

香港とは関連性のない日本法人の受け入れを中止としたそうだ。

日本の法人がサンライフ香港の商品を購入できなくなってしまった。

オフショア金融センターの商品は役員退職金や損金算入などで活用価値あり!

中小企業経営者であると、役員退職金をどうやって構築しようか?と考えたり、如何に税金を抑えるかに頭を悩ますはずだ。

日本の保険会社も役員退職金向けの商品を上市しているが、満足いく商品とは言えないだろう。

また、いわゆる節税保険は国税や金融庁が目を光らせていて、日本の保険会社は節税保険をほぼ提供できなくなっている。

そうした課題解決策として、オフショア金融センターの保険会社が提供する商品が活用できたりする。

法人経営者で役員退職金の準備を考えている方は海外の生命保険を検討してみては?現在、そして将来的な資産保全・資産防衛も可能!
法人経営者で役員退職金の準備を考えている人もいる事だろう。日本の保険会社は損金ばかりに注目させるかもしれないが、利回りが低い商品しかない。海外を活用すれば利回り良く、資産移転によって資産保全が出来ると言うメリットも生まれてくる。
法人のお金を個人に移す際に損金計上できる?譲渡時に資産価値圧縮が出来れば現金での受け取りより個人所得税&贈与税節税の効果あり!
法人から個人へ財産を移すと、譲渡された個人は所得税の課税対象となる。譲渡する時に資産価値を圧縮できれば、その所得税を減額させられる効果があるが、それだけでなく、法人側も損金算入できるメリットがある。そうした保険がかつて日本にあったのだが...

だが、日本人や日本法人を受け入れているオフショア金融センターの保険会社は少ないのが現状だ。

そうした中、サンライフ香港社が日本法人の受け入れを停止したのはインパクトが大きい。

 

サンライフ香港社が日本法人を受け入れ停止してしまったが対応案・代替策はあるのだろうか?

先述した通り、日本法人を受け入れているオフショア金融センターの保険会社は少ないのだが、ゼロになった訳ではない。

代替策としてはFubon社やFTLife社と言った保険会社の商品を活用する事が上げられる。

具体的に役員退職金や損金算入でオフショア金融センターの商品を活用してみたいという方は、Fubon社やFTLife社を取り扱っている正規代理店に直接連絡して、そのスキームなどを相談してみれば良いと思う。

海外の保険商品なので海外にしか正規代理店はないのだが、Fubon社もFTLife社もどちらも香港の保険会社になるので、香港の保険業を管理監督する香港保険業監管局に登録されている会社が正規代理店となる。

海外の正規代理店と言えど、日本人スタッフがいる正規代理店もあるので、そうした正規代理店で日本の法人受け入れやサポート実績が豊富なところを選んで相談してもらえれば良い。

 

オフショア保険会社が日本市場から撤退という話は定期的に耳にする。

なので、中小企業経営者などでオフショア金融センターの保険商品を法人契約したいと考えている人は早めに行動すべきと言える。

また、法人だけでなく個人でも同じ事。

日本居住の日本人の受け入れを停止とする話も定期的に聞くので、興味があれば早めに早めに動かないと良い商品を契約できなくなってしまうのだ。

 

⇒ ご質問やご相談、正規代理店の選定でお悩みの方はこちらから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました