早期退職(アーリーリタイア)を目指すなら早めに資産運用のプランニングを始めておこう!経済的自由を目指せ!

短い人生、早めに経済的自由な立場を得たいと思っている人は多いはずだ。

経済的自由になれば、好きな事をやりながら生きていけるし、早期退職(アーリーリタイヤ)も可能になる。

その為に重要なのは、お金だ!

経済的自由になって早期退職(アーリーリタイア)する為には投資・資産運用が重要!

アーリーリタイアするにはビジネスで定期的に収入が入るキャッシュインシステムを構築するか、死ぬまで働かなくて済む資産を構築するかの2種類が当てはまる。

誰かのヒモになるという手もあるかもしれないが…ここでは除外する。

ビジネスにしても投資にしても、アーリーリタイアしたければお金が必要になってくる訳だが、ビジネスメインであっても投資・資産運用は必要不可欠になるだろう。

(ビジネスと言っている時点で、ビジネスに関与している訳で、それをアーリーリタイアと言うかどうかはそのビジネスとの関り方だと思う。)

海外では”Financial Independence Retire Early”、略してFIREなる言葉が流行っているようだが、日本の場合はアーリーリタイア以前に老後資金について考えなくてはならない。

定年退職後、安定収入が無くなった際に生きていけるだけの貯えが必要だ。

公的年金を信じ切っている人がどれだけいるか分からないが、日本の年金制度は改悪が進むばかり。

老後資金は自助努力で何とかしなくてはならない。

その為に資産運用は必要不可欠である。

公的年金が改悪している日本、生命保険会社など国内の民間金融機関が提供する年金プランも利回りが良いものはない。

先を見据えて海外オフショアの積立投資で将来資金を構築している人も少なくない。

老後資金=将来資金というが、この将来資金が老後だけでなく前倒しで準備できれば、その分だけ早くアーリーリタイアができると考えればイメージしやすいのではないだろうか?

先ずは海外積立などのSavings PlanやAnnuity商品、もしくは貯蓄性の高い生命保険などを契約し、余裕がでてきたら配当型商品や利回りの少し高い金融商品を契約してもいいかもしれない。

日本という土壌を考えた時、アーリーリタイア以前に老後資金の構築を考えなくてはいけないが、将来資金と言う視点で考えればやる事は似ている。

先ずは行動する事が重要であり、行動しなくては何も始まらない。

だらだらと日々を過ごして定年を迎えてしまえば、老後も厳しい生活が待っているかもしれない。

行動しておけば老後は安泰で、アーリーリタイアが見えてくるかもしれない。

 

⇒ ご質問はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link