居住地によって契約可否が異なるオフショア投資!アクサやメットライフ、プルデンシャルの例から海外保険会社の管轄を考察してみる!

海外オフショア投資商品は日本居住の日本人を受け入れていないものが多い。

また、国や地域によって管轄が決まっていたりもする。

日本に進出している外資系保険会社は日本版しか購入できない!

「外資系保険会社」と聞くとクールに感じて、利回りも良いのかなと勘違いしてしまう人がいるかもしれない。

AXA(アクサ)、MetLife(メットライフ)、Prudential(プルデンシャル)など多くの外資系保険会社が日本に進出しているが、利回りは国内の生命保険会社と比較してほぼ同等、やや良いかもと言ったレベルである。

こうした保険会社は外資なので、もちろん海外でも保険を販売している。

海外で販売されている商品と日本で販売されている商品、同じ会社であってもその利回りは大きく異なる。

日本で販売すると日本版となり、利回りは日本国内の保険会社と横並びになってしまうのだ。

日本版にするのにコストがかかるという事もあるのだろうし、こうした会社が日本に納めなくてはならない税金(法人税etc)もかかるし、金融庁の指導もあるはずだ。

では、日本居住の日本人がこうした外資系保険会社が海外で販売している商品を契約できるかと言えば、残念ながら断られてしまう。

日本居住者の管轄は日本となるので、日本版を契約するようにと言われてしまうのだ。

世界的に市場を拡大している保険会社は管轄が定められているので、同じ会社名であっても居住地によって加入できる商品は異なってくる。

逆に、日本に進出していない生命保険会社の場合、日本居住者を受け入れてくれたりする。

サンライフ香港などがそれに当てはまるが、日本に進出していないので、日本版の商品体系とはなっていない。

サンライフ社はカナダが本社であるが日本には上市しておらず、日本居住者の管轄は香港となっている。

なので、香港で販売されている商品と同じものが対日本人に対しても扱われている。

純粋な海外オフショア投資商品であり、利回りが良い。

外資系保険会社と聞くとカッコよく数字が良いものだと感じてしまうかもしれないが、日本で上市してしまえばそれはあくまで日本版。

海外オフショア投資は海外で登録されているからこそ、日本とは異なる利回りで契約できたりとうま味がある。

「外資系保険会社」と「海外の保険会社」は似て非なるものなので、その違いは把握しておくべきである。

海外の保険会社で日本居住の日本人を受け入れているところは少なく、年々その数は減少しているので、興味ある方は行動を急ぐべし。

 

⇒ ご質問等はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link