お勧めのヘッジファンドはある?長く利益を出し続ける事は難しくこれと言った商品は見当たらず。

20世紀末の日本版金融ビックバンにより日本人が海外の金融商品を購入する事が合法化された。

その後、2010年頃に第一次(!?)オフショア投資ブームがあり、その当時はヘッジファンドも多く扱われていたが、今ではヘッジファンドの話はほとんど聞かなくなった。

ヘッジファンドはリスクリターンが合わない!?

ヘッジファンドとは何だろうか?

wikipediaによると・・・

金融派生商品など複数の金融商品に分散化させて、高い運用収益を得ようとする代替投資の一つ。

この文章だと何の事やら意味が分からないと思うが、簡単に書けば、市場の上下動に関わらずどんな手を使ってでも利益を生み出す事を目的にした投資商品である。

そんな商品があれば興味を持つかもしれないが、やはり勝ち続ける投資商品を生み出すのは困難だ。

wikipediaにも「機関投資家らが1990年代に高い運用成績を残したが、近年では世界金融危機後の不振が目立つ」と書かれている通り、最近は話題にすらならないような気がする。

ハイリスクハイリターンな投資商品と言えるので、あまりお勧めもできない。

2010年頃のオフショア投資ブームの際、ヘッジファンドと共に多くの日本人が契約したのがSavings Planと呼ばれるオフショア積立投資、海外積立投資と呼ばれる金融商品である。

積立投資の場合、時間や投資先を分散させてドルコスト平均法も活用できるので、リスクを軽減させてリターンを求めていける。

日本居住の日本人の場合、クレジットカードを活用して海外に資産を構築していける資産フライトのツールとしても有効だ。

2010年頃のオフショア投資ブームで「ヘッジファンドと積立投資はどちらが良いのか?」などと言った議論があったかどうかは記憶の片隅にも無いが、そうした議論があったとして、10年後の今考えてみれば、積立投資の方に軍配が上がるだろう。

ほとんど話題の対象にすらならなくなったヘッジファンド、「まずは生き残れ。儲けるのはそれからだ。」の投資の格言からしても、積立投資は王道な投資手法だと言う事が分かる。

それなりのまとまった資金があり、一早く資産フライトしたいと考える方はヘッジファンドのような一括投資商品に興味を持たれるかもしれないが、ヘッジファンドでなくても一括投資商品は存在する。

自分がどのような商品がマッチするか気になる方は、金融知識が豊富な正規代理店に直接連絡して相談してみては如何だろうか?

 

⇒ ご質問はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link