資産移転・資産フライト

オフショア

サンライフ香港の貯蓄型保険商品ヴィクトリーとステラはどちらを契約すべき?VictoryとStellarを比較検証したまとめ!

サンライフ香港(Sun Life hk)の貯蓄型保険商品のヴィクトリー(Victory)とステラ(Stellar)、2つの商品の相違点についてまとめてみた。最終的にどちらが良いかは、正規代理店=IFAに直接連絡して、相談しながら決めるのがベストな方法と言える。
世界経済

ドル円相場を大局的に見るとドル高円安に向かうと綺麗なシンメトリーでチャートは美しい!?1USD360円からの流れで考察してみた!

2022年、円安進行中のドル円相場の今後の行方が気になる人が多い。1971年に始まった変動相場制からのチャートを眺めて、「チャートは美しく」の格言から、今後①ドル安円高、②レンジ相場、③ドル高円安のどの方向に動くのが最も綺麗なのかを考察してみた。
世界経済

物価上昇に伴い金利が上昇すると困る人が大過ぎる日本!金利を簡単には上げられないので円安ドル高が進んでいく!

円安ドル高が進む大きな要因の一つに日米の金利差がある。アメリカが政策金利を上げたならば日本も追随していけばいいのでは?と思うかもしれないが、給与水準が上がらない日本で金利を上げると、ローン返済などで苦しむ人が多発するので、簡単な話ではない。
年金問題

国民年金保険料支払い45年案(65歳まで)・健康保険証を廃止してマイナカード統一・新紙幣発行・CRS強化が繋がっているようで日本は怖い!

年金保険料の支払いを65歳までの45年間にする案や健康保険証を廃止してマイナカードに統一する話など、日本の社会保障制度を見ていると危険な感じしかしない。加えて2024年には新紙幣が発行されるが、きな臭い動きが多くて不気味である。
資産移転・資産フライト

自国通貨を信用できずに米ドルを重視する国も多いが日本円の将来は?リスクを感じるならアメリカドルUSDでの資産構築をお勧めします!

円安ドル高の進行により「資産フライト」「国家破綻」「預金封鎖」など一部の海外オフショア投資好きだけが知っていたようなオタク的言葉が一般的ワードになりつつある。それだけ日本円リスクを感じる人が増えているのだろう。リスクと感じたのなら即対応!
オフショア

海外移住検討者は移住後にオフショア投資商品を契約するよりも日本にいる時に日本の住所で加入しておいた方が良いのでは?

海外移住検討者でオフショア投資に興味を持つ人が多い。日本にいる時or移住後、どのタイミングで契約すべきか悩む人も多いようだが、契約は早めにしておいた方が良いだろう。重要な事は日本在住でも海外在住でもしっかりとアフターサポートまで行ってくれる正規代理店の選定だ。
HSBC香港

オフショア保険商品/海外積立投資商品の満期後のベストな引き出し方法は?HSBC香港などの海外銀行口座でATMカードを活用しよう!

オフショア保険や海外積立投資商品の満期や解約時、はたまた一部引き出し金をどのように受け取るかと言えば、SWIFTコードがある銀行への送金や小切手となる。一旦、海外へ逃避・資産保全させたお金なので、オフショアバンクを活用して分散投資させておく事をお勧めしたい。
資産移転・資産フライト

日本国内で日本円だけの資産構築をしていて本当に良いの?円安・物価高/インフレ・スタグフレーション対策をすべきでは?

円安や物価高/インフレが進んでいても、日本国に日本円を貯め込んでいる人がいる。人口問題(人口減少・少子高齢化)など日本を取り巻く環境を考えると、まだまだ続くと思われる円安やインフレに対処すべきだと思うのだが、これもある意味、平和ボケだろうか?
NISA&iDeCo

国際送金の困難化やNISA/iDeCoの積極推奨は資産(日本円)の海外流出を防ぎたいが為の施策では?キャピタルフライトを急げ!

年々国際送金が難しくなっている。また、国はNISAやiDeCoをゴリ押ししている。こうした背景には日本円の海外流出を防ぎたい思惑があるのではと感じてしまう。それだけ日本円の力が落ちているという事なので、海外への資産逃避を急いだ方が良いのではなかろうか?
資産移転・資産フライト

タンス預金や余裕資産は早めに真剣にキャピタルフライトで資産保全を図った方が良い!国内に放置していても日本円リスクが増すばかり!

タンス預金などの余裕資金を日本国内に眠らせていても意味がないばかりか、進行するインフレにより資産価値は目減りしてしまうので早急に対処すべきだ。国内には利回りの良い金融商品はないが、日本にいながら契約できる海外のドル建て金融商品は活用価値がある。