資産移転・資産フライト

オフショア

サンライフ香港VISIONヴィジョンの商品概要や特徴・評価を分析!資金移動での活用や眠った資産がある人にお勧めのオフショア金融商品!

2019年にサンライフ香港から新規発売となったVISION。このオフショア金融商品の概要やどのような人にお勧めなのかをまとめてみたい。利回りはそれほど高くないが、資産移転をしたい人に利用価値の高い商品かなと思う。
資産移転・資産フライト

海外移住希望で余裕資金の移動方法を考えるなら、先ずは海外の米ドル建て金融商品を活用させて資産移転・資産運用させるべし!

コロナ禍で自由に動けない状況が続いているが、アフターコロナで海外移住を考えている人もいると思う。コロナ後に行動を開始するのではなく、資産移転についてはコロナ禍で日本にいる間から実行できる事は実行しておいた方が良いと思う。
日本社会

日本の政治の判断行動は遅いが国民が犠牲になる法案は強引&スムーズ!?将来的に自分がターゲットになった時の事を考えて準備をすべき!

日本の政治を見ていてどのように感じるだろうか?特にコロナ禍では分かりやすいが、行動や判断が「遅い」が、「強行」に進めるところは進めてくる。自分や家族の命、そして資産をどのようにして守っていくかは、最終的には国ではなく個々の判断と行動によってくるはずだ。
資産移転・資産フライト

お金/現金以外の資産のお勧めは?余裕資金は米ドル建ての金融商品などを活用して日本以外の場所で保全・運用する事を推奨します!

資産はどこでどのように持つべきか?日本で収入があるのであれば余裕資金は海外に出すべき。海外オフショアの利回り3~4%で複利運用される米ドル建て金融商品を活用すれば、資産移転・資産保全・資産分散・資産運用を一気に行う事ができる。
不動産

預金封鎖になったら銀行以外の金融資産、生命保険や株式の有価証券、不動産はどうなるの?日本国内は危険では?

将来的に日本政府は預金封鎖を実行するのでは?と不安に感じる人が増えているようだ。命の次に大事なお金を守るにはどうすればよいのだろうか?日本国内の金融資産は資産税・財産税の対象に成り得るので、海外に資産移転して資産保全すべきである。
日本経済

日本はインフレーションではなくスタグフレーションのリスクあり!余裕資金は海外への資産移転で資産防衛して自分や家族のお金を守れ!

将来的な日本のインフレーションを危惧する人は多い。だが、日本で起こる可能性があるのは単なるインフレではなく、景気後退を伴うスタグフレーションとなる可能性が高い。日本円を日本に溜め込まず、早め早めに資産防衛して資産価値を高めるべきである。
オフショア

将来に備えてタンス預金で日本円を放置するならば海外オフショアで資産構築を!日本で余裕資金を寝かしていたら資産価値減少リスクあり!

将来への漠然とした不安からタンス預金含めて日本国内に余裕資金を貯めこんでいる人がいるようだが、そうした行為はリスクを高めているだけである。資産保全と資産価値向上を図るなら、海外の米ドル建て金融商品などを活用した方が良いだろう。
日本経済

日本円リスクを考える人が増えている?政府も信用できないと言うならば海外の米ドル建て金融商品で資産移転させて国際分散投資をすべし!

日本は食事が美味しく四季折々の季節を楽しめ、人も優しい素敵な国である。だが、日本円リスクを感じていたり、日本政府を信用していない人が多い。ならば、日本にいながら契約できる海外の米ドル建ての金融商品で資産を海外に逃避させ、保全させておけば良い。
日本経済

渋沢栄一の晴天を衝けを見たなら海外口座を活用した預金封鎖対策を!海外銀行口座の開設が出来ない今、米ドル建て金融商品の口座が有効!

1946年2月に新紙幣の発行によるデノミネーション、預金封鎖による財産税調整が行われている。戦後インフレーションへの対応策であるが、コロナ禍の日本も大量の日本国債を発行していて、同じような状況になるのでは?と考える人が増えていると感じる。
企業

法人経営者で役員退職金の準備を考えている方は海外の生命保険を検討してみては?現在、そして将来的な資産保全・資産防衛も可能!

法人経営者で役員退職金の準備を考えている人もいる事だろう。日本の保険会社は損金ばかりに注目させるかもしれないが、利回りが低い商品しかない。海外を活用すれば利回り良く、資産移転によって資産保全が出来ると言うメリットも生まれてくる。