受け取った生命保険金を数年で溶かしてしまう日本人!計画性の無さだけでなく再投資できる商品がない環境も問題では?

日本の生命保険、3000万円以上と多額の保険金を受け取った3分の2の人が、お金を溶かしてしまう結果となるそうだ。

計画性の無さも問題だが、それだけでなく日本の金融商品の欠点も露呈していると思う。

“受け取った生命保険金を数年で溶かしてしまう日本人!計画性の無さだけでなく再投資できる商品がない環境も問題では?” の続きを読む

オフショア投資のポートフォリオ戦略は?積立×生命保険×HSBC香港!

将来資金(老後資金)構築の為にオフショア年金プランを契約していたり、もしもの時に身内にお金が遺るように海外生命保険を掛けている人がいる。

オフショア投資の活用法として、どのような商品でポートフォリオを組んだらいいのかを考えてみたい。

“オフショア投資のポートフォリオ戦略は?積立×生命保険×HSBC香港!” の続きを読む

サンライフ香港 日本居住の日本人の受け入れ停止だが信託会社(トラスト)経由では未だ可能!

以前から噂になっていたサンライフ香港の日本居住の日本人の受け入れ停止。

噂通りに2018年6月末で打ち切るとなるようだ。

“サンライフ香港 日本居住の日本人の受け入れ停止だが信託会社(トラスト)経由では未だ可能!” の続きを読む

日本の保険会社の方が海外よりも優れていると思う事もある。

保険商品を比較すると、圧倒的な数字の差がある国内と海外の生命保険。

国内の生命保険には加入する必要は全くない。

だが、国内の生命保険会社が海外よりも優れていると感じる事がある。

それはアフターサポート力だ。

“日本の保険会社の方が海外よりも優れていると思う事もある。” の続きを読む

消費税アップ≒物価上昇で国内生命保険は実質マイナスになると気付いていますか?

国内の生命保険は、インフレで日本円の価値が減少したら損をする。

良く聞く話だと思うが、実質的に2014年4月から2019年10月にかけて物価が5%上昇すると感じている人はどれくらいいるのだろうか?

“消費税アップ≒物価上昇で国内生命保険は実質マイナスになると気付いていますか?” の続きを読む

香港サンライフ社などの生命保険はPIBA取得の正規代理店で契約しなくてはならない!

日本と比較すると利回りが全く異なる海外の生命保険。

日本から近い場所で日本人を受け入れてくれるのは香港である。

“香港サンライフ社などの生命保険はPIBA取得の正規代理店で契約しなくてはならない!” の続きを読む

海外生命保険・香港サンライフ社貯蓄型生命保険のコンテンツまとめ!

香港サンライフ社の貯蓄型生命保険は、日本国内の生命保険と比較して優位性のある商品と言える。

私も過去に本ブログで色々と書いてきているが、これまでのコンテンツをまとめてみたい。

“海外生命保険・香港サンライフ社貯蓄型生命保険のコンテンツまとめ!” の続きを読む

海外生命保険を子供時点で加入すると驚異のパワー!5歳児と30代のシミュレーション結果はこれだ!

生命保険は余命率によって保険料が算出されている。

なので、若い時に加入すればそれだけ有利である。

ここに運用性が良い生命保険であれば、長きに渡り複利のパワーも効いてくる。

だが、日本の生命保険は日本国債に縛られているので、1%未満でしか回らない。

海外の生命保険に若い時、子供時点で加入すると恐ろしいまでのパワーを発揮する!

海外の生命保険を5歳児で加入した時のシミュレーションをしてもらった。

(もちろん、成人が加入しても日本の生命保険よりも何倍ものパワーがあるのが海外の生命保険だ。)

“海外生命保険を子供時点で加入すると驚異のパワー!5歳児と30代のシミュレーション結果はこれだ!” の続きを読む

海外オフショア生命保険でも損金は作れる!節税対策としても活用可能!

節税対策として、生命保険で損金を作る事を考える経営者の人は少なくない。

海外オフショアの生命保険であっても、このスキームは活用可能である。

“海外オフショア生命保険でも損金は作れる!節税対策としても活用可能!” の続きを読む

日本の金融庁が香港の保険会社・プロバイダーに圧力をかけているという話の真偽

オフショア金融商品は日本国内の金融商品と比較して有用なものが多いが、日本居住の日本人が契約できる商品は限られている。

そして、契約できる商品は年々減少している。

その理由はどこにあるのだろうか?

“日本の金融庁が香港の保険会社・プロバイダーに圧力をかけているという話の真偽” の続きを読む