日本居住の日本人を受け入れている香港保険会社ランキング!純粋な海外オフショア生命保険ではサンライフ香港&FTLife社の2社のみ!

生命保険

オフショア投資相談会ゴールデンウィークin広島&愛知 開催!
2024/4/30(火)~5/2(木)in広島、5/2(木)~5/6(月・祝)愛知

金融立国である香港。

優れた金融商品も多く、日本とは比較にならないほどの利回りで運用されている商品もたくさんある。

そんな香港で日本居住の日本人を受け入れている保険会社を勝手にランキングしてみようと考えてみた。

だが、日本居住の日本人を受け入れている香港の保険会社はランキングが作成できるほどの数がない。

純粋な生命保険を提供していて、日本人を受け入れている香港の保険会社は2~3社しかない!

香港にはとても多くの保険会社がある。

日本でもお馴染みのzurichlife(チューリッヒ)やAXA(アクサ)、Mass Mutual(マスミューチュアル)やPrudential(プルデンシャル)なども香港で活動している。

こうした保険会社が香港で提供している保険商品は、日本で上市されている商品とは全く異なるものとなっている。

しかし、日本に進出しているこれらの保険会社の場合、日本居住の日本人は香港などの海外版を契約する事はできない。

担当エリアの問題があるのだろう。

日本居住の日本人がzurichlife(チューリッヒ)やAXA(アクサ)、Mass Mutual(マスミューチュアル)やPrudential(プルデンシャル)などの香港版の保険に加入したいと思っても契約は受け入れてもらえず、日本版しか契約ができないのだ。

香港のオフィスに問い合わせをしても、日本居住の日本人は日本支社に連絡してくださいと言われるはずだ。

いくら外資系と言えど、日本に上市していると日本版となり利回りなどの商品特性はかなり落ちてしまうので、残念な商品しか契約できない。

ちなみにだが、香港のzurichlifeは日本居住者を以前は受け入れていたのだが、2009年に日本居住者の受け入れを停止している。

担当エリアの問題と書いたが、つまりは日本居住の日本人が日本に進出している外資系保険会社の海外版商品を以前は契約できたのだが、今はそうしたルートが全て閉ざされてしまったのだ。

日本に進出していない海外の保険会社で、日本居住の日本人を受け入れている保険会社が狙い目となる。

 

日本居住の日本人を受け入れていて、生命保険を提供している香港の保険会社ランキングを発表したいのだが、実際にはSun Life Hong Kong社とFTLife社の2社しかない。

Fubon Life Insurance (Hong Kong)もあるのだが、Fubon Lifeの生命保険の最低保証額は50万USDとなっていて富裕層向けと言える。

(3社とも生命保険以外に貯蓄型保険商品など多くの優れた商品を提供している。)

更に言えば、日本居住の日本人を受け入れている保険会社自体、Sun Life(サンライフ)とFTLife(エフティライフ)、Fubon Life(フボンライフ)以外にStandard Life(スタンダードライフ)などもあるのだが、Standard Lifeが提供している商品はSaving Plan(貯蓄性商品)に死亡保障を付けている商品となっていて、純粋な生命保険の商品を提供している保険会社とは言い難い。

なので、純粋に生命保険を提供している保険会社ランキングという視点からいくと、違ってくるのかなと思う。

生命保険を提供していて、日本居住の日本人を受け入れている保険会社のランキングを作ろうにも2~3社だけしか無いので、ランキングも何も無い状態となっている。

日本居住の日本人向けに生命保険を提供していない保険会社の評価が悪いという意味ではなく、保険会社のランキングを知りたい人は、Whole Life(ホールライフ)と呼ばれる貯蓄型の生命保険や、Universal Life(ユニバーサルライフ)と呼ばれる富裕層向けの生命保険を提供する会社のランキングを知りたいと考えているはずだ。

こうした生命保険を提供していて、日本居住の日本人を受け入れている香港の保険会社はSun LifeとFTLife、そしてFubon Lifeしか見当たらないのが現状なのだ。

サンライフ香港のライフブリリアンスは貯蓄型生命保険商品!日本居住の日本人が契約可能なホールライフ(Whole Life)プラン!
海外の生命保険は日本で販売されているものとは比較にならないような利回りとなっている。ホールライフと呼ばれる貯蓄型生命保険で日本居住の日本人を受け入れているサンライフ香港社の信頼性や、その生命保険ライフブリリアンスの概要について解説してみたい。

サンライフ香港社は生命保険だけでなく、貯蓄性保険やAnuity(アニュイティ)と呼ばれる年金保険、クーポン(配当)型の商品など多くの種類の保険商品・金融商品を提供している。

FTLife社は保険証券を担保にして、将来的に融資として非課税で年金を受け取れるOn Your Mindと呼ばれる生命保険を提供しているし、サンライフ香港社と同じような貯蓄性保険商品なども提供している。

FTLife社の生命保険On Your Mind!現役時代は死亡保障が厚く将来的に保険証券を担保に融資で年金受け取り可能だが借り入れなので非課税!
FTLife社の生命保険商品On Your Mindのシミュレーションや商品概要をまとめてみた。現役時代は死亡保障を厚めに、将来的には保険証券(死亡保障額)を担保に融資で資金を引き出せるのが特徴的な商品。融資なので借り入れとなり、課税対象とはならない。

生命保険に限らず、海外の保険に興味があれば、サンライフ香港やFTLife社のいずれかの商品を契約しておけばニーズに足りると思う。

 

サンライフ社の母体はカナダにあるが、1865年に設立されていて150年以上の歴史がある保険会社である。

香港に進出したのも1892年であり、香港での活動も130年以上と歴史があり信頼性の高い保険会社となっている。

FTLife社は1990年にフォルティスグループの保険部門、フォルティスホールディングとして設立後、2016年に中国最大のプライベート・エクイティの投資機構の1つであるJDグループの100%子会社となり、FTLife(FTLife Insurance Company Limited)に改名した巨大保険会社である。

もちろん、サンライフ香港やFTLife社が提供する貯蓄型生命保険(ホールライフ)は国内生保が提供するものとは比較にならないほどの利回りになっているし、サンライフ香港社のユニバーサルライフでも国内生保と比べて格段に安い保険料で契約する事ができる。

(ユニバーサルライフは死亡保障1億円以上など富裕層・資産家向けプランになっている。)

 

問題は、zurichlife社が日本居住者の受け入れを打ち切ったように、Sun Life社やFTLife社がいつまで日本居住の日本人を受け入れていくれるかは誰にも分からないという点だ。

生命保険に限らず、こうした金融商品のプロバイダーが日本居住の日本人を打ち切ると決めてから最終受け入れ日までの時間の猶予はほとんど与えられない。

過去の例からすると、長くて1ヶ月くらいである。

興味がある人は行動を早めた方が良いだろう。

 

サンライフ香港やFTLife社の生命保険に興味がある人はどのように契約すれば良いかと言えば、香港の正規代理店に直接連絡する事になる。

正規代理店はIFA(Independent Financial Advisor)と呼ばれていたりする。

香港の保険業務は「香港保険業監管局」で管理監督されているので、サンライフ香港やFTLifeの商品に興味がある人は、この香港保険業監管局に登録されている正規代理店(IFA)に直接問い合わせてみる必要がある。

日本人スタッフがいて、日本居住の日本人の受け入れ実績やサポート経験が豊富な正規代理店もある。

そうした正規代理店に直接問い合わせてみて、先ずはご自身に合った商品・プランについて相談してみるところから始めてみては如何かと思う。

サンライフ香港やFTLife、Fubon Lifeの全てを取り扱っている正規代理店に連絡すれば、ご自身に合ったプランを案内してもらえるはずだ。

 

☆ご質問やご相談、正規代理店(IFA)の選定でお悩みの方はこちらから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました