投資・資産運用は余裕資金=心の余裕を持って行うべし!RL360°等の海外積立を最低投資額で行う人ほど解約率が高いそうだ!

投資・資産運用は余裕資金で行うべきとはよく言われる話。

そこには「心の余裕」という要素も含まれているはずだ。

投資・資産運用は人生を一発逆転させる為のツールではない!それは投機!

昨日、似たようなコンテンツを書いた。

論破王ひろゆき氏の投資・資産運用に対する考えで同意する部分が多い!経済的に余裕がないと騙されやすい!ムダな保険に入るない!

また、投資の3Mにも似た考えが含まれる。

投資の3M【方法】【資金管理】【精神力】…簡単に身に付かない

需要なポイントだと感じるので改めて書き綴ってみたい。

投資・資産運用はお金に働いてもらうという概念があるが、そのお金にしっかりと働いてもらう為には生活費などを削ってまで行ってはならない。

そうした状態であるとお金自体が働けなくなってしまうし、それ以前に自信の生活が侵されてしまう。

と、単純(普通)に考えても余裕資金で行う事の重要性が分かると思う。

だが、それだけでなく余裕資金で行わなければならない異なる理由として「心の余裕」が挙げられる。

余裕資金と言えど、その考えや許容幅は様々であるが、少額でギリギリのラインで余裕資金を設定していると心の余裕が取れない。

ついつい、大きな数字やまやかしの数字に流されてしまう人がいるので注意が必要だ。

「絶対に儲かる」

「今だけ特別」

「あなただけに」

「富裕層も行っている」

「月利○%」

冷静に考えれば回避できるような話であっても、心の余裕がないとついつい騙されてしまうのだ。

考えてみれば、詐欺に遭っている人は富裕層よりもそれほど資金を持っていない人の方が確率が高いと思う。

詐欺師は頭が良く、心理学を勉強しているのかしていないのかは知らないが、こうした心の隙間を付いてくるから要注意。

投資・資産運用をしたければ、先ずは心の余裕を持てるだけの余裕資金を構築する事を考えなくてはならない。

投資・資産運用は人生一発逆転を狙うものではないし、そう考えている人に限って投資詐欺やMLM(マルチレベルマーケティング)的な案件に騙されてしまう。

香港等のオフショア地域に登録されている金融商品は詐欺商品ではない。

オフショア金融商品の一括投資商品であれば、正に余裕資金だと思うのでそれほど気にする事もないかもしれないが、RL360°などの海外積立投資商品もギリギリの積立額の設定や最低拠出金額で行うべきものではない。

RL360°などの海外積立投資商品は海外にコツコツと資産を移せていける素晴らしい投資ツールと言えるのだが、余裕資金でなければ海外に資産移転を行う意味はない。

RL360°もマン島にしっかりと登録されている保険会社の金融商品なので詐欺案件ではないのだが、間に入る紹介者・仲介者などが無理やり契約をねじ込んでくる事がある。

大きな利回りを提示される事もあるかもしれないが、確定されている数字ではない。

心の余裕がないとそうした営業に押されて契約してしまうので注意が必要だ。

冷静に考えればこうした紹介者・仲介者を間に挟む必要は無いと分かるのだが、心の余裕が無ければその判断もできない。

一方、オフショア籍の保険会社や、契約やアフターサポートを担当する正規代理店などに努める人物が何か他の詐欺案件を紹介してしまうとその立場から追放されてしまうので、正規に関わっている人は詐欺的行為を行えるはずもない。

日本国内で活動している紹介者・仲介者たちとは立ち位置が全く異なるので、心に余裕を持って、正規代理店と直接繋がるようにする必要がある。

 

また、RL360°は積立の一時休止や減額が出来るのだが、減額するには減額できるだけの余裕額で無ければならない。

そうした事を考えると、500米ドル以上で契約すべき商品と言えるのだ。

最低積立額で契約すべのは色々な意味で余裕が無いので、お勧めできる契約とは言えない。

 

投資・資産運用を行う際、余裕資金であるかどうか、心の余裕が保てるかどうかを今一度考えてみるべきだ。

そして、心の余裕が保てると分かったのであれば、正規代理店に直接連絡して、直接的に契約を結べば良いと思う。

 

⇒ ご質問やご相談はこちらから。

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link