自国通貨を信用できずに米ドルを重視する国も多いが日本円の将来は?リスクを感じるならアメリカドルUSDでの資産構築をお勧めします!

2022年の急激な円安により、日本円リスクを感じる人が増えていると思う。

そう感じるのであれば、資産逃避・資産保全の為に資産分散をするべきだ。

日本円リスク対策や資産保全を考えるなら米ドル建ての金融商品が有用と言える!

国家破綻、預金封鎖、資産フライトetc

以前は一般的に使われる事が少なかった言葉が、インターネット等でも頻繁に見られるようになった。

(私はテレビや新聞はほぼ見ないので、そうしたマスコミの情報は私には分からない。)

こうした言葉は、古くから日本円リスクを考えていたり、一部のオフショア好きな方だけが知っているオタク的ワードだと思っていたのだが、徐々に一般化しつつあるようだ。

それだけ日本・日本円リスクに対する危機感を覚える人が増えていると言う事だろう。

ならば対策をするしかない。

対策法としては世界の基軸通貨である米ドルの所有率を上げる事が一番だ。

ただし、日本国内の金融機関で外貨として米ドルを持っていても何の意味もない。

それでは日本政府の管理の下にあるので、預金封鎖に対応できない。

海外で米ドルを持つ事が重要ポイントとなってくるが、海外に日本円を大量に持っていき銀行口座を作って米ドル預金する事も簡単ではない。

ならばどうすれば良いかと言えば、日本にいながら契約できる海外保険会社の米ドル建ての金融商品を活用して資産移転させればよい。

 

海外には利回り4%程度で運用されている金融商品もある。

こうした商品を契約する事により、日本にいながら資産を海外に移転させて保全する事が可能となる。

保全だけでなく、4%程度で運用されるので資産価値は増えていく。

一括支払いなどで短期間で支払う事が出来るし、クレジットカードで引き落としも可能なのでとても有用だ。

(↓例えば、こんな商品↓)

サンライフ香港Victoryヴィクトリーの商品概要や特徴・評価を検証!長期積極運用型の前納可能複数年払い貯蓄型保険商品!

インターネットなどで資産フライトという言葉が増えていけば、実際に実行する人は増えていく事だろう。

それだけ日本円の価値が下がっているという事だ。

東南アジアなどの国々は自国通貨を信頼しておらず、如何に米ドルを持つかに躍起になっていたりするが、日本も同様の時代になりつつあるのかもしれない。

ただし、東南アジアの場合は今後の発展が期待できるが、日本の場合は逆に勢いがなくなっている。

「栄枯盛衰」という言葉があるが、日本は盛んなことから衰えへの転換期を迎えているように感じる。

こうした空気感の中、自分のお金をどこに置いておくかを真剣に考えなくてはならないが、検討する時間はそれほど残されていないだろう。

 

☆ご質問やご相談はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link