貯蓄から投資・資産形成へと言うけれど自分で運用できる?海外オフショア香港の利回り6~7%の貯蓄型保険商品を活用すればお気軽です!

日本社会

貯蓄から投資へ、貯蓄から資産形成へと言われて数年が経ち、こうした言葉は一般化している。

だが、実際に自分自身で投資や資産運用をして資産構築していくのは至難の業だ。

海外オフショアの貯蓄型保険商品であれば資産を増やしてくれる!

政府主導で貯蓄から投資へ、貯蓄から資産形成へと言っているが、こうした事を推奨する背景としては、日本国内の公的な制度や民間の保険会社に真っ当なプランがないからだと推測できる。

事実、公的年金制度は崩壊に向かっているのは明らかで定期的に改悪されていて、現役世代が将来的にどれほどの年金をもらえるかは定かではない。

若ければ若いほど受給できる年金額は少なくなり、損をする。

民間の保険会社が提供している保険商品でも、将来的にそれなりのリターンが見込めるプランは見当たらない。

こうした事から、政府は貯蓄から投資へ、貯蓄から資産形成へとキャッチフレーズを作り、国民一人一人に責任を転嫁している。

NISAやiDeCoなどの制度を使って上手く丸め込んでいるように感じるが、丸投げとも言えよう。

保険会社でもまともに利回りを上げられないのに、一個人が自力で資産形成をしていくのは困難だと思ってもらいたい。

仕事をしながら資産を構築していくには並外れた知識とマインドが必要になってくる。

投資・資産形成により精神が崩壊したら楽しい人生を送れなくなり、本末転倒である。

 

では、どうすれば良いのだろうか?

投資スキルや投資マインドを鍛えて、資産形成できる自分を身に付けるのが良いのだろうか?

それは一見するとベストな考え方に思えるかもしれないが、そこまで自分を高めるには時間もお金も必要となってくる。

そうしたスキルを得る前に人生が終わってしまう可能性も高いだろう。

自分自身のスキルを高めるのも良いのだが、やはり使えるものは使えば良いと思う。

日本国内だけを見ていると年金制度も崩壊し、民間の保険会社も使えないのだが、それはあくまで国内の話である。

視点を海外に向ければ、お任せできるプランを提供している保険会社もある。

オフショア金融センターと呼ばれる国や地域では、日本とは異なり資産を増やしていける保険商品が提供されているのだ。

そして、日本居住の日本人の受け入れをしてくれる保険会社もあったりする。

例えば、サンライフ香港社が提供する貯蓄型保険商品の利回りは6~7%となっている。

サンライフ香港SunJoy Global(サンジョイグローバル)の商品概要や特徴/評価まとめ!運用利回り約7%の貯蓄型保険商品で契約を推奨できる!
サンライフ香港社(Sun Life)の貯蓄型保険商品サンジョイグローバル(SunJoy Global)の商品概要や特徴まとめ。利回り約7%で運用される商品で運用効率が良いだけでなく、契約者や被保険者の変更や証券分割が可能なので資産承継にも適した商品と言える。

◆10年目:140%
◆15年目:191%
◆20年目:279%
◆25年目:394%
◆30年目:551%

と言ったリターンがシミュレーションされているが、これだけのリターンがあれば満足できるのではなかろうか?

資産形成ではなく資産価値向上といった言葉が合致する商品であるが、それなりの投資額でなければ契約が難しい事もお伝えしておきたい。

 

⇒ ご質問やご相談はこちらから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました