政治家は直近の景気刺激策しか興味がない!国に頼らず自ら老後資金を蓄えろ!

個人的には麻生さんらしい発言だなと思ってしまった。

景気刺激策でお金を回せというが、それが直接社会保障を充実させる訳ではない。

麻生さんは度々こうした発言をして野党に攻撃されている。

常々、お金は消費して回すものと言う信念があり、今回の発言の背景にも高齢者がお金をしっかりと使ってほしいと言う趣旨があるようだ。

「1,700兆円を超える個人金融資産があるのに消費が伸びていない」

「カネは一切息子や孫が払うものと思って、使いたい放題使ってましたけど、ばあさんになったら、ああいう具合にやれるんだなと思いながら眺めてました」

「さらにためてどうするんです? 金は使って回さないとどうにもならない」

といった発言をしている。

麻生コンツェルン(麻生財閥)と一般家庭を同等に考えてはいけないが、個人資産を表に出させたい気持ちがあるのだろう。

確かに個人資産が表に出れば景気は刺激されるかもしれない。

しかし、それは微々たるものであるはずだ。

そして、その結果として社会保障費が厚くなるとは思わない。

老後は子供や孫が支えないさいと言っているので、国ではなく各家庭で賄えと言っているのと同じだ。

政治家は一時の景気の良さは数字に表れやすいので、あまり先を見据えた政策には興味がないと思う。

だからこそ、社会保障費の問題は先送りにされている嫌いがある。

日本の景気が良くなるのに越したことなない。

しかしそれは超長期的に亘ってでなければ意味がない。

今の日本、日本の政治家に長期的経済政策や社会保障の充実を求めては意味がないだろう。

日本人は、個人で老後資産を蓄えなければ、長生きする資格がないようだ。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link