外貨建て保険は為替リスクなど説明不十分でクレームが多いらしいが海外の生命保険は運用でリターンがどんどん大きくなっていく!

外貨建ての生命保険、為替リスクなどの説明が不十分だと不満の声が上がっているようだ。

そもそも利回りが良くない国内生保、サービスも良くなければ契約する理由など全く無い。

海外の生命保険は運用により利回りが大きくなっていく!

国内で販売されている外貨建ての生命保険、銀行でも取り扱いがあるようだ。

⇒ 外貨建て保険に「説明不十分」の声 販売増で苦情も急増

生命保険会社が銀行窓口などを通じて販売する「外貨建て保険」で苦情が急増している。超低金利下でも高利回りの資産運用として高齢者に売り込んでいるが、為替相場次第で元本割れとなり損失を被るリスクがある。販売増で苦情も増え、各社にはリスクなどに関する「事前説明が不十分」との声が多く寄せられている。業界は苦情の実態を公表しておらず、その販売姿勢が問われている。

日本の銀行で保険を購入するという時点で驚きだ。

銀行という事で信用してしまう人が多いのかもしれないが、日本の銀行員は金融知識があるとは残念ながら言えない。

一営業マンみたいなものであり、会社の方針に従って販売したい商品を営業している事がほとんどである。

都度、販売強化される商品は異なるので、表面的な知識で営業をしていて商品知識も薄いのかなと思われる。

そもそも、外貨建てと聞いて海外の保険会社の商品が購入できると思ってしまうのかもしれないが、金融庁に登録されている日本の生命保険となる。

その為、利回り(リターン)もそれほど期待できない。

契約時に決定された死亡保障は満期まで変わる事はないので、早く死ななければ意味がない商品となっているのだ。

海外の生命保険はどうだろうか?

海外の生命保険は死亡保障も解約返戻金も保険会社の運用によって年々大きくなっていく。

日本人からしたら、為替リスクは?と思うかもしれないが、為替リスクを考慮しても大きくプラスになる。

海外の生命保険は、正規代理店が契約からアフターサポートまでを請け負うシステムが採用されている。

契約からアフターサポートまでしっかりと面倒を見てくれる正規代理店で契約すれば、日本で販売されている外貨建て保険のように説明不十分となる事もない。

 

☆ご質問はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link